スーパーゴールのDF昌子源、PKから失点も守備に手応え「上手く守れたと思う」

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会の第2戦が12日に行われ、日本代表は中国代表に2−1で勝利した。

 試合後、インタビューに応じたDF昌子源(鹿島アントラーズ)は「とにかく0でずっと耐えて、前が点を取ってくれることを信じていた。良い時間に小林(悠)選手が取ってくれた」と感想を語った。

 前日にはCB同士の連携面に不安を覗かせていたが、「三浦(弦太)は常に声を出すタイプで、僕もそう。危ないピンチもありましたけど、常にお互いコミュニケーション取って、僕と弦太、東口(順昭)選手中心に上手く守れたと思います」と一定の評価を下した。

 次戦は優勝を賭けた韓国戦。昌子は「PKで1失点してしまったので、終わり方が悪かった。そういうことがないよう、韓国戦は北朝鮮戦、中国戦より良い内容で終われたらなと思います」と意気込みを語った。