小林&昌子が代表初ゴール! ハリルJが苦しみながらも中国を2-1撃破、2連勝で韓国と激突へ

写真拡大

4選手が代表デビューのフレッシュな陣容、大島が負傷交代のアクシデント

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は12日、E-1選手権2連勝を懸けて第2戦の中国戦に臨み、FW小林悠(川崎)とDF昌子源(鹿島)の代表初ゴールで2-1と勝利した。

 9日の北朝鮮との第1戦では、苦しみながらも後半アディショナルタイムに生まれたMF井手口陽介(ガンバ大阪)の一撃で1-0と勝利。2連勝を狙うこの中国戦に、ハリル監督は第1戦から先発7人を変更して臨んだ。

 DF植田直通(鹿島)、DF三浦弦太(G大阪)、DF山本脩斗(鹿島)、MF土居聖真(鹿島)の4人が一挙にA代表デビューとなるフレッシュな陣容は、イタリアの名将マルチェロ・リッピ監督が率いるFIFAランク60位の中国に対して、積極的な姿勢を示していく。

 前半4分、右サイドを初先発の伊東純也(柏)が突破。中央へのクロスは小林と土居聖真(鹿島)にわずかに合わなかったものの、日本はサイドから良い形を作った。その後もMF大島僚太(川崎)やFW倉田秋(G大阪)がリズムを作りながらボールを支配。相手最終ラインの背後を突く長いボールで揺さぶっていくが、なかなか良い形でシュートシーンを作ることができない。

 しばらく膠着状態が続いたなか、日本に再び決定機が訪れる。同22分、右SBに入った植田がクロス。ファーサイドで小林がヘディングで合わせるも、シュートはクロスバーの上に外れていった。

 しかし同27分、日本にアクシデントが起こる。大島がシュートを放ったシーンで、左太もも裏を負傷。プレーを続行できず、担架で運ばれてそのまま井手口と交代となった。その後の日本は思うようにリズムを作ることができず、中国に押し込まれる時間帯もあった。ベンチ前のハリルホジッチ監督が苛立つシーンも見られるなか、0-0でハーフタイムに突入した。

終盤に小林と昌子が連続ゴール

 メンバー交代なしで後半をスタートさせた日本は、立ち上がりから再び中国を押し込んでいく。だが先に決定機を作ったのは中国だった。後半11分、ワンチャンスを生かして日本の守備陣を攻略すると、最後はFWユー・ダーバオが右足のシュートを放つが、このピンチはGK東口順昭がセーブ。直後の同12分も右サイドを崩し、クロスからFWウェイ・シーハオが右足を振り抜いたが、この一撃はクロスバーの上に外れた。

 苦しい展開のなか、日本で気を吐いたのは前半途中から出場した井手口。中盤で存在感を放ち、ミドルレンジから積極的にシュートを狙う姿勢も見せた。また右SBの植田も同20分、伊東とのワンツーで右サイドを突破すると、相手最終ラインとGKの間にグラウンダークロスを供給したが、誰にも合わずに決定機を生かせなかった。

 打開策を見出せない日本は、同30分に伊東に代えてFW川又堅碁を投入。当初は小林との2トップ気味の布陣となるも、すぐに小林が右サイドに回り川又の1トップとなった。

 その後もなかなかチャンスを作れなかったが、同39分、ようやく日本に歓喜の瞬間が訪れる。パス交換から中央を崩して川又がボールをキープ、縦に抜け出した小林にパスを送る。小林のシュートは一度相手GKに阻まれるも、こぼれ球に素早く反応し反転しながら左足で代表初ゴールを決めた。

 さらに同43分には、中盤でボールを拾った昌子が右足を強振。代表初ゴールとなる鋭い弾道がゴールに吸い込まれ、リードを2点に広げた。

 試合はその後、日本がPKを献上し2-1で終了。苦しみながらも2連勝を飾った日本は、勝ち点を6に伸ばし、勝ち点4で2位の韓国と16日の最終戦でタイトルを懸けて激突する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images