日本代表メンバー【写真:田中伸弥】

写真拡大

昌子がスーパーゴール

 12月12日、日本対中国の一戦が行われ2-1で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

----------

【日本 2-1 中国 E-1選手権】

東口順昭 6 後半にピンチもファインセーブでチームを救う
山本脩斗 5.5 タイミングのいい攻め上がりなど立ち位置が良かったが、PKを献上した
昌子源 6.5 3人が代表デビューのDFラインで冷静に対応した。意表をつくロングシュート決める
三浦弦太 5 得意なフィードを狙うなど、積極的なプレー。守備ではやや危ない部分も
植田直通 6 本職ではない右SBで代表デビュー好クロスも供給した
今野泰幸 6.5 中盤の底でバランスをとり、落ち着いたプレーぶりだった
倉田秋 5 キープで時間を作るなどリズムに変化をつけた
大島僚太 7 パスで味方を動かし、“デュエル”も厭わなかった。彼の負傷交代後でチームは機能不全に
土居聖真 6 デビュー戦で『何かやってやろう』という気迫も見られた
伊東純也 6 立ち上がりから自慢のスピードで突破を披露した
小林悠 6.5 味方と呼吸が合わない場面はあったが、意地の先制ゴール

井手口陽介 5.5 ソツなく激しく戦ったが、存在感は高くなかった
川又堅碁 6.5 得点が欲しい状況で投入。彼の粘りがゴールに繋がった
阿部浩之 - 出場時間短く採点不可

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5 大島を失い、初戦同様チグハグなサッカーに逆戻り。小林のゴールに救われた

text by 編集部