学年最下位位のギャルがわずか1年で偏差値を40上げて、慶応大学に合格した「ビリギャル」。書籍はもちろん映画も大ヒットしましたよね。今回の無料メルマガ『時間短縮! kaoluのある得大メルマガ!』では、このビリギャルこと小林さやかさんご本人が語った「目標を成し遂げるための5つのルール」を紹介しています。

ビリギャル5つのベストルール

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』。あなたもご存知ですよね? 私は書籍は読んでいないのですが、TV放映されていた映画版をみて興奮致しました。

もともとは彼女の家族に何かプレゼントを…、そう考えた家庭教師の坪田氏がビリギャルとの思い出を書に残して渡したのが、この神話が広まった始まり。ネットにこのストーリーがあげられると、多くの反響を呼び、すぐに3つの出版社からオファーがあったそうです。

さて、先日参加したセミナーの2日目の最初に登壇したのが、ビリギャルご本人、小林さやかさん。書籍カバーのモデルさんや、映画で演じた有村架純さんのイメージが強くインプットされておりますが…、ご本人は笑顔が、とっても素敵な大人の女性。彼女は全国で講演活動も行っていらっしゃるだけあって、本当に人を惹きつける話し方が出来る人です。

「聖徳太子」。この方を「せいとくたこ」と読み、女性だと思っていたさやかさんがここまで成績を伸ばすことが出来たのは、やはり優れた指導者に出会ったから。きっと彼がいなかったら、この偉業が成し遂げられることはなかったでしょう。ちなみに東京大学ではなく慶応を目指したのは東大にはイケメンがいなさそうだと予測したから。当時慶応には嵐の桜井君が通っていたからなんだそう。

では、彼女が公開してくれた目標を成し遂げるための5つのベストルールをシェアさせて頂きますね。

根拠のない自信を持とう!ワクワクする目標を持とう!具体的な計画をたてよう!憎しみをプラスの力に変えるべし!目標や夢を公言しよう!

5つの項目の中には、似通ったものもございますが…、彼女は慶応に合格することを決めると周りにその計画を言いまくった。周りからは馬鹿にされたけれど、そのことで、その目標を成し遂げることが自分の中で当然のこととして捉えることが出来る。

目標は楽しいものじゃなければそれに向かおうとは思えませんよね? 例えば、あなたの目指しているのがお金だったとしたら、それに伴う楽しいイメージがないとね。具体的に短い期間で成し遂げるゴールを設定して、ワクワクしなくしながら進んでいけば本当は誰でも成功出来ちゃうのです。

ちなみに憎しみをプラスに…、というのは、彼女は当時お父さんとの関係がうまくいっておらず、くそオヤジだと思っていたんだそうな…。最初は、彼女が慶応なんか行けるわけがないから、塾のお金なんて溝に捨てるようなもので、出さない! そう言い放ったそうで、彼女のマザーが用立てた。その怒りを坪井先生に話した時に、こう言われたそう。

「君はラッキーだね。とっても恵まれた環境にいる」

憎しみは、感情の中でも一番強い力をもったもの。このパワーを目的達成のためのパワーにプラス出来れば大きなエナジーが付属されるの。きっと見返してやる! あの人を超えてやる! みたいにね。

image by: Flickr

MAG2 NEWS