ルカ・グァダニーノが監督を務めた映画『Call Me by Your Name(原題)』が、【第75回ゴールデングローブ賞】の主要3部門にノミネートされた。

 ノミネートされたのは、、主要部門となる作品賞(ドラマ部門)・主演男優賞(ドラマ 部門/ティモシー・シャラメ)・助演男優賞(アーミー・ハマー)の3部門。賞レースを牽引する注目作として、アカデミー賞ノミネートにもさらなる期待がかかる。

 第43回ロサンゼルス映画批評家協会賞の作品賞に輝いた本作は、1983年のイタリアを舞台にエリオとオリヴァー2人の青年の恋を描いたアンドレ・アシマンの同名小説を映画化。エリオ役を務めたのは「インターステラー」のティモシー・シャラメ。オリヴァーを「コードネーム U.N.C.L.E.」「ジャコメッティ 最後の肖像」のアーミー・ハマーが演じている。本作は賞レースの始まりとともに、オスカーを占う重要な前哨戦である【ゴッサム賞】、【ロサンゼルス映画批評家協会賞】を制覇している。映画『Call Me By Your Name』(原題)は、2018年春よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開。


◎公開情報
『Call Me By Your Name』(原題)
2018年春よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開
監督:ルカ・グァダニーノ
脚色:ジェームズ・アイヴォリー
原作:アンドレ・アシマン
出演:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマーほか
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
(C)Frenesy, La Cinefacture