新型ジープ「ラングラー」の価格や仕様が関係者向け資料から明らかに

【ギャラリー】2018 Jeep Wrangler Rubicon: LA 201717


LAオートショーでデビューした新型ジープ「ラングラー」のラインアップや価格について記載された資料がファンサイト『JL Wrangler Forums』に投稿された。
画像を投稿したDrPerez07によると、これらの画像はLAオートショーでFCAから各ディーラーに提供された関係者向けの資料だという。同氏は、この資料を元に新型のベース価格と先代JK型との差額を以下のようにまとめている。

2ドアJL
スポーツ - 2万6,195ドル(約300万円)
(2017年型JKよりも2,200ドル≒約25万円高い)
スポーツS - 2万9,095ドル(約330万円)
(2017年型JKよりも2,100ドル≒約24万円高い)
ルビコン - 3万6,395ドル(約410万円)
(2017年型JKよりも2,750ドル≒約31万円高い)

4ドアJLU
スポーツ - 2万9,995ドル(約340万円)
(2017年型JKUよりも2,100ドル≒約24万円高い)
スポーツS - 3万3,195ドル(約377万円)
(2017年型JKUよりも2,100ドル≒約24万円高い)
サハラ - 3万6,995ドル(約420万円)
(2017年型JKUよりも2,700ドル≒約30.6万円高い)
ルビコン - 4万195ドル(約456万円)
(2017年型JKUよりも2,750ドル≒約31万円高い)

※これらの価格には、輸送費は含まれていないようだ。

ご覧のように、いずれも先代から2,000ドル以上値上がりし、4ドアのルビコンは初めて4万ドルを超える。



これらの資料は、投稿者がジープの担当者から直接入手したものだという。資料には、ホイールのオプションから、エンジンのラインアップとスペック、ボディ・カラーの設定などが記載されている。また、この担当者は、新型ラングラーにはアルミニウム製ボディ・パネルが多用されているにも関わらず、車両重量は先代のJK型より増加していることを明かしたという。



By GREG RASA
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】2018 Jeep Wrangler Rubicon: LA 201717


【ギャラリー】2018 Jeep Wrangler Rubicon80


【ギャラリー】2018 Jeep Wrangler Sahara55



■関連記事
【LAオートショー2017】新型ジープ「ラングラー」について知っておきたい10項目

■関連動画