若いうちは色んな仕事をやってみるもよし、ひとつのことに打ち込むもよし、資格取得に燃えるもよしと、様々な可能性があるでしょう。しかし年齢を重ねるにつれて、本当に自分に向いている仕事を見つけ、そこに注力していきたいものです。


出典:NOSH

そこで今回は、“手相でわかる天職”についてご紹介いたします。

 

■1:知能線が中指下で別れ一方が「月丘」に伸びる…ベンチャー起業家が天職

知能線が中指の下で二つに分かれ、一方が横に伸び、もう一方が小指下部の“月丘”へと伸びている手相は、商売上手であると言えます。横線は世間への関心が深く損得勘定が得意であることを意味し、月丘へと伸びる線は発想力があることを示すもの。そのため、センスと商才を活かしてベンチャー企業などを立ち上げたり、新たな事業を興せば商売繁盛するでしょう。ただし、“人の下で働くような仕事”は避けた方が無難です。

 

■2:知能線と生命線の起点がくっついている…事務職が天職

知能線と生命線の起点がくっついている人は、地に足のついたタイプ。几帳面にソツなく仕事をこなすので、組織にとっては欠かせない存在だと言えます。会社なら事務や総務部などの仕事を中心に活躍できるはず。派手さはありませんが周囲への気配りを忘れないタイプで、家計のやりくりも上手でしょう。しかし、営業職やメディア関係の仕事はやや不得手かもしれません。

 

■3:知能線の起点が人差し指と中指の間の線上にある…秘書系が天職

知能線の起点が人差し指と中指の間から伸ばした線上、あるいは中指の下あたりの生命線上にある手相は、鋭い勘の持ち主で物事を効率良くこなせる才能があります。周囲への気配りも欠かさない機転が利くタイプなので、秘書などバックアップ役が適任でしょう。人前に出るのは苦手かもしれませんが、裏方としては最高のパフォーマンスを発揮するはず。タレントやファッション関係で、前面に出るのは避けた方がいいかも。

 

■4:知能線が「木星丘」の中心から「月丘」までまっすぐ伸びる…管理職が天職

知能線が人差し指の下部分“木星丘”の中心から、小指下部の“月丘”までまっすぐに伸びているのは、カリスマ性や人を支配する能力があることを表します。組織のリーダーなど、周囲を引っ張っていくような仕事に向いているでしょう。また、知能線が月丘に向かっているのは、センスにも恵まれていることを表すので、芸能やアパレル関係でも成功しそう。ただし、事務職は飽きがきてしまうかもしれません。

 

仕事において自分の能力を発揮できたときって、すごく嬉しいですよね。でも、なかなかそんなピッタリの仕事に巡り会えることって少ないもの。そんなときは、あなたの手のひらに刻まれた相を見てみましょう。もしかしたら、そこに答えが出ているかもしれませんよ。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為