最も「失わない」選手は誰だ!日本代表、北朝鮮戦での「ボールロスト」ランキング

写真拡大

9日に行われたE-1サッカー選手権第1節、日本代表対北朝鮮代表の試合は1-0という結果となった。

国内組で構成されたハリルジャパンは苦戦するも、試合終了間際に井手口陽介がミドルシュートを決め、劇的に勝利を奪っている。

その中で最もボールを失う回数が少なかった選手は誰?スタッツのデータを紐解くと、このような順位になった。(データはSTATS社調べ、共同通信デジタル提供)

ボールを失った回数

1位:阿部浩之(2回)

2位:川又堅碁(3回)

3位:中村航輔(7回)

4位:伊東純也(7回)

5位:車屋紳太郎(8回)

6位:谷口彰悟(10回)

7位:高萩洋次郎(11回)

8位:倉田秋(14回)

9位:金崎夢生(14回)

10位:今野泰幸(15回)

11位:昌子源(15回)

12位:小林悠(16回)

13位:井手口陽介(18回)

14位:室屋成(21回)

いやいやちょっと待った!これはもちろん90分のデータであり、出場時間、ボールのタッチ数との相対的な数値のほうが重要だ…。

ということでボールタッチ数との比較で成功率を算出してみた。そうすると…。

成功率

車屋紳太郎:106回のうち8回ボールロスト(成功率:92%)

今野泰幸:124回のうち15回ボールロスト(成功率:88%)

谷口彰悟:68回のうち10回ボールロスト(成功率:85%)

井手口陽介:97回のうち18回ボールロスト(成功率:81%)

阿部浩之:10回のうち2回ボールロスト(成功率:80%)

倉田秋:65回のうち14回ボールロスト(成功率:78%)

昌子源:67回のうち15回ボールロスト(成功率:78%)

中村航輔:24回のうち7回ボールロスト(成功率:71%)

伊東純也:24回のうち7回ボールロスト(成功率:71%)

室屋成:69回のうち21回ボールロスト(成功率:70%)

小林悠:50回のうち16回ボールロスト(成功率:68%)

高萩洋次郎:31回のうち11回ボールロスト(成功率:65%)

川又堅碁:8回のうち3回ボールロスト(成功率:62%)

金崎夢生:35回のうち14回ボールロスト(成功率:60%)

やはりトップは車屋紳太郎。100回以上の機会がありながら8回しか失っておらず、パスについては安定感があったと言える。

攻撃の選手が低くなる傾向があるデータであるが、阿部浩之は終盤での出場から10回で8回プレーを成功させており、うまくフィットしていたことを感じさせる。