ライフスタイルに合わせられるサービスが「nuroモバイル」のコンセプト(画像は8月の発表会時のもの)

写真拡大 (全3枚)

 ソニーネットワークコミュニケーションズは12日、格安SIMサービス「nuroモバイル」において、新たにソフトバンク回線を利用したプランを提供すると発表した。提供開始は12月19日の午前9時。

 「nuroモバイル」では、高速通信容量が1GB刻みで選べる料金体系や、翌月の高速通信容量を「前借り」できるサービス、高速通信容量をギフトする「パケットギフト」など、ユーザーそれぞれのライフスタイルに合わせやすいことを意識したサービスを展開してきた。これまではドコモ回線を利用していたが、今回、ソフトバンク回線の提供を開始し、マルチキャリアMVNOとなった。サービスやプランだけでなく、回線についてもユーザーのライフスタイルに応じて選択できるようになったとしている。

 新たに開始するソフトバンク回線プランでは、高速通信容量2GBおよび5GBの2プランを提供。現在「nuroモバイル」で提供中の「音声定額10分かけ放題」や「データ前借り」「翌月繰り越し」「端末補償」「訪問サポート」などのオプション・サービスは、ソフトバンク回線プランでも利用可能。ただその他の細かい容量プランや、「nuroモバイル」の大きな特徴のひとつでもある「時間プラン」についてはまだ対応しないようだ。2GB、5GBの変更については毎月ごとに可能。

 「nuroモバイル」ソフトバンク回線プランの価格は、データ専用2GBプランは月額980円、5GBプランは1,780円。音声付き2GBプランは月額1,680円、5GBプランは2,480円。容量のチャージは、100MBで400円、500MBで600円、1GBで1,000円となっている。