©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

12月13日(水)放送の同番組では、「太宰治、夏目漱石、宮沢賢治…有名な文学作品、本当にみんな読んでいるのか?」という視聴者からの問いについて、マツコと有吉が意見を交わす。

©テレビ朝日

この質問に対してふたりは、「作品によるわよね」とひと言。有吉が「教科書に載っている部分だけ覚えてるものとか、そういう作品もある」と話すと、マツコは「たしかに今、内容を覚えているかと言われると怪しいものも多いかも」と同意する。

また、ふたりの文学作品に対する考え方、さらには「これは読んだことがある」「読んでおいたほうがいい」という作品も明らかに…。

マツコが挙げた、表紙が印象的な有名文学作品とは?

さらに、この日の放送では、野球やサッカーなどスポーツ番組を録画してでも見たいという投稿者から寄せられた「ネットのニュースなどで結果がネタバレしていることに腹が立つ」という意見についても話し合うほか、「欲望VTR」では『ホテル』に関する数々の欲望を叶える。