アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

「Who is ザギトワ?」…GPファイナルVで脚光、ロシア新星の横顔を改めて米特集

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初出場初優勝を飾った15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)。シニアデビューした今季、GPシリーズ2戦を含め、3大会連続優勝を果たすなど、フィギュア界では新星として大注目を浴びていたが、日本で行われた大舞台を制し、一躍、脚光を浴びている。そんな天才少女を米メディアも「アリーナ・ザギトワって誰?」と題し、改めて特集を展開。生い立ちからスター候補の横顔に迫っている。

「Who is Alina Zagitova?(アリーナ・ザギトワって誰?)」と特集を掲載したのは、米国で五輪放送を担う大手テレビ局「NBCスポーツ」だ。記事では、GPファイナルを制して一躍、大注目の15歳の生い立ちからキャリアを振り返り、横顔を紹介している。

 アイスホッケーのコーチを務める父を持ち、02年5月22日にイジェフスクで生まれたザギトワ。当初はファーストネームをつけられず、アテネ五輪金メダリストの母国の新体操選手、アリーナ・カバエワから取り、「アリーナ」と名付けられたことを紹介。5歳からスケート人生をスタートさせたことを紹介している。

 12歳だった15年に親元を離れてモスクワに移り、名コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏に師事すると、才能は開花した。特に、ジュニア最終年の昨季は1歳上の本田真凜(関大高)を破り、世界選手権を制覇。記事では「ジュニア時代の最後の年は、ザギトワは完璧に近い領域に達しており、シニアで戦う上で足りないのは、もはや年齢だけだった」と才能を絶賛している。

体力・精神力に裏打ちされた2つの“トレードマーク”とは

 記事では、強さを象徴づける2つの“トレードマーク”に注目している。

 一つはジャンプの構成をすべて得点が上がる後半に固めていること。「プログラムの真骨頂は“バック・ローディング”だ」と紹介し、さらにもう一つは「逆転勝利」。GPシリーズでは中国杯はSP4位、フランス杯はSP5位とつまずき、ファイナルもSP2位ながら、すべて逆転で優勝。体力と精神力に裏打ちされた15歳とは思えない芸当だ。

 演技後半にジャンプを固める「バック・ローディング」について、本人は「後半に全てのジャンプを持っていくということは、ただまとめてジャンプを跳ばなければならないだけではなく、目に見える結果を生み出すための他の要素として正確に音楽を掌握しなければならないんです」と、陰の部分の難しさも語ったという。

 ファイナルを制し、エキシビションはトラ柄の衣装で話題を呼んだ15歳。ロシアの先輩エフゲニア・メドベージェワとともに平昌五輪の金メダル候補に挙げられる存在となった。その注目度の高さを示すように、世界でも一躍を脚光を浴びている。これからどんなスター街道を描くのか、飛躍が楽しみな一人だ。