ハリルホジッチが選んだ11人は…… photo/Getty Images

写真拡大

『EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会(東アジア選手権)』で中国代表と対戦する日本代表のスタメンが発表された。日本は9日の北朝鮮戦から7人のスタメンを変更。決勝点を決めた井手口陽介も今回はベンチスタートとなっている。

GK:東口順昭

DF:三浦弦太、昌子源、植田直通、山本脩斗

MF:今野泰幸、大島僚太、土居聖真

FW:倉田秋、伊東純也、小林悠

センターバックの主力になりつつある昌子、中盤で守備的な役割をこなすベテランの今野、オフサイドにはなったものの北朝鮮戦でゴールネットを揺らした倉田は連続で先発出場となっている。