【詳細】特報映像はこちら

映画『虹色デイズ』の全国公開が2018年7月に決定し、カルテット主演を務める佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)・中川大志・高杉真宙・横浜流星が男子高校生姿で登場する特報映像と場面写真が解禁された。

映画『虹色デイズ』は“たった一度だけ”の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の“友情”と“恋”がギュッと詰まった青春ストーリー。原作は、少女コミック誌での連載作品にも関わらず“主人公が男子高校生”という斬新な設定が人気を博し、累計発行部数が300万部を突破する大ヒットコミック『虹色デイズ』(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)。『大人ドロップ』の新鋭・飯塚健が監督、若者たちのリアルな感覚と青春の輝きを“今しか撮れない”映像で紡ぐ。

10月10日に解禁された映画化と主演男子キャストの発表時には、Yahoo!の話題のツイートとリアルタイム検索で共にランキング第1位に輝くなど、早くも話題になっている。

主人公となる男子高校生役は、今最も人気と勢いのある若手俳優たちが集結。ピュアで元気な愛されキャラ“なっちゃん”を佐野玲於、チャラくて女好きなモテ男“まっつん”を中川大志、秀才で超マイペースなオタクの“つよぽん”を高杉真宙、いつもニコニコ実はドSな“恵ちゃん”を横浜流星が扮し、カルテット主演として魅力的な4人組を演じる。

今回解禁となった特報映像と場面写真では、4人の制服姿を初お披露目! 紺のブレザーにえんじ色のネクタイ、黒のパンツをベースに、各キャラの個性が出る着崩しや小物を身にまとった制服姿で、それぞれの役を演じている。4人は映画撮影時の合間や休憩中も楽しく会話したりふざけあったりするほどの仲の良さで、写真ではお互いに積極的に顔を近づけ密着度を高め合ったほど。

11月下旬にクランクアップしたばかりの撮れたて本編映像で制作された特報では、冒頭から男子たちがプールに勢いよく飛び込むなど、4人の青春感があふれる瑞々しい映像が映し出される。そして、彼らの毎日が友情や恋によって日々変化していくことを予感させる構成となっている。

青春時代、それは人生の特別な時期にだけ与えられる特別な時間。同じような日常の繰り返しに見えても、実は同じ日なんて一日もない。仲間と一緒なら、笑った日も、泣いた日も、喧嘩した日も、毎日がいろんな色で輝いている……それが『虹色デイズ』。2018年、若者たちの胸に永遠に刻まれる、青春映画の新たなるバイブルが誕生する。



映画情報



『虹色デイズ』

2018年7月 全国ロードショー

主演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星 ※4人ともに主演

監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)

脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健

制作:松竹撮影所

企画・配給:松竹

(C)2018『虹色デイズ』製作委員会

(C)水野美波/集英社マーガレットコミックス

映画『虹色デイズ』作品サイト

http://nijiiro-days.jp/