朝比奈彩&本多力、秋山竜次主演AbemaTVオリジナルドラマ『やれたかも委員会』出演へ

写真拡大

 朝比奈彩と本多力が、AbemaTVオリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』に出演することが決定した。

参考:ロバート・秋山竜次主演で『やれたかも委員会』実写ドラマ化 AbemaTVで来年1月クールに放送

 本作は、漫画家・吉田貴司が、デジタルコンテンツ向けの配信プラットフォームcakesやnoteに作品をアップしたことから、SNSを中心に話題となり、今年7月には書籍化もされた連載漫画が原作。「あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……」という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな、甘く切ない“やれたかも”というエピソードの、“やれた”のかどうかを“やれたかも委員会”の3人が判定していく模様を描く。主人公の能島明役で、お笑い芸人のロバート・秋山竜次が主演を務める。

 新たに出演が決定したのは、モデルとして活躍している朝比奈と、多くのテレビドラマで多彩な演技を見せている本多の2人。朝比奈は“やれたかも委員会”のメンバーで、財団法人ミックステープ代表・月満子役、本多も同じく委員会メンバーのミュージシャン・パラディソ役を務める。あわせてレギュラー出演者3人のビジュアルと、朝比奈、本多からのコメントが公開された。

【朝比奈彩 コメント】今回、月満子役を演じさせていただく朝比奈彩です。とにかく原作の世界観がとても面白くて、一見くだらないと思える事も真剣に論理的に意見を言う。そんな少しクールな月満子になれる様に頑張りました。秋山さん、本多さんのキャラクターが本当に原作通りで思わず本番中笑いそうになってしまいます。見所はストーリーも面白いのですが、委員会室で起こる、なんとも言えない駆け引きや微妙な感情の表現など、細部までこだわった作品です。ぜひ、見てください!!

【本多力 コメント】撮影現場はスリリングでキャスト・スタッフが有機的に絡み合っていて毎回本当に楽しいです。秋山さんとも朝比奈さんともはじめましてですが、空き時間も一緒にセリフ合わせをしたり濃い時間をヘトヘトになるまで過ごしております。もっと“やれたかも”、と思い残さないように、やりきりたいと思います!

(リアルサウンド編集部)