斉藤和義、デビュー25周年イヤーとなる2018年3月14日に19枚目のオリジナルアルバムリリース

写真拡大

デビュー25周年イヤーに突入し、ますます意欲的に活動を続ける斉藤和義。最新曲「始まりのサンセット」が、来年3月14日にリリースの19枚目のオリジナルアルバムからの先行配信シングルとして、明日13日からリリースされることが明らかとなり、そのジャケット写真も公開となった。

◆斉藤和義 関連画像

「始まりのサンセット」は、中外製薬スペシャルムービー「ある、かかりつけ薬剤師の一日」篇テーマソングとして書き下ろされた曲。このムービーは、見た人達にとって前向きな思いや励みに繋がってほしいとの願いが込められて作成され、さらに、これらにそっと寄り添い、あたたかくも力強いメッセージで後押ししてくれるような曲となっている。また本日公開となったジャケット写真は斉藤和義本人が撮影した、とある街での夕暮れ時の風景だ。

そして、デビュー25周年イヤーにリリースされる19枚目のオリジナルアルバムは2018年3月14日で決定した。この「始まりのサンセット」を含む収録内容で、詳細は追って発表される。今作においても、1人多重録音にてほとんどの曲を制作。ドラムマシンとして往年の名機と言われる「LINN DRUM」や同じくリズムマシンとしての名機「Roland TR-808」やシンセサイザーをシンクロさせるなど、多彩な機材を駆使してレコーディングされた。まずは、明日より先行配信となる「始まりのサンセット」を聞いて、続報を待ってほしい。

◆斉藤和義 オフィシャルサイト