E-1選手権の北朝鮮戦、日本代表で「パス数100本超え」した選手って?

写真拡大

味の素スタジアムで行われているEAFF E-1選手権の決勝大会。

日本は北朝鮮との初戦に1-0と勝利したが、この試合でパス数が100本を超えた選手が一人だけいた。

この試合でのパス数ランキングを見てみよう。

14位:川又 堅碁
パス数:6本
パス成功率:50%
※71分から途中出場

13位:阿部 浩之
パス数:10本
パス成功率:80%
※81分から途中出場

12位:伊東 純也
パス数:15本
パス成功率:80%
※56分から途中出場

11位:中村 航輔
パス数:23本
パス成功率:65%

10位:金崎 夢生
パス数:23本
パス成功率:74%
※71分までプレー

9位:高萩 洋次郎
パス数:28本
パス成功率:64%
※56分までプレー

8位:小林 悠
パス数:41本
パス成功率:66%

7位:室屋 成
パス数:53本
パス成功率:83%

6位:昌子 源
パス数:58本
パス成功率:86%

5位:倉田 秋
パス数:58本
パス成功率:86%
※81分までプレー

4位:谷口 彰悟
パス数:61本
パス成功率:90%

3位:井手口 陽介
パス数:86本
パス成功率:90%

2位:車屋 紳太郎
パス数:95本
パス成功率:96%

1位:今野 泰幸
パス数:119本
パス成功率:90%

唯一の100本超えは、ガンバ大阪MF今野泰幸!

この日の試合では誰よりもボールに触り、ゲームメイクをしていたことが窺える。ガンバ大阪での役割ではまず見ない数字だ。

また、2位に入ったのは左サイドバックながら中盤ほど高い「平均ポジション」を取っていた車屋紳太郎。100本近いパスを出し、96%という高い成功率を残した。