「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」

ソフトバンク株式会社・三菱地所株式会社・SBドライブ株式会社の3社は、SBドライブが所有する運転席がない自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」(仏Navya社製)を利用した、自動運転車の試乗会を、東京都千代田区の丸の内仲通りで12月22日に実施すると発表した。

本プロジェクトは、ソフトバンクグループの「IoT」「AI(人工知能)」「ロボティクス」分野のテクノロジーと、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」化を融合させたプロジェクト。

「NAVYA ARMA」は、GPS等で自車位置を測位し、LiDAR(レーザースキャナー)等で障害物を検知して、あらかじめ設定したルートを自律走行できる。

今回の試乗会には一般のユーザーも参加可能だったが、既に予約は満席で受け付け締切となっている。

プロジェクトでは、自動運転のバスが実現することにより、交通事業者が抱える課題である運転手不足や路線維持等を解決できるほか、交通弱者の移動を支援する手段の一つとして期待できるとしている。

発表資料
URL:http://www.mec.co.jp/j/news/archives/171211_autonomouscar.pdf
2017/12/12