画像提供:マイナビニュース

写真拡大

寒い季節に食べたくなるコンビニグルメといえば、やっぱり中華まん! その中でも、ほどよい辛さで体を温めてくれるカレーまんは寒い夜につい買いたくなりますよね。しかも、最近のカレーまんにはチーズが加わり、ますます濃厚さがアップしたものも増えています。

そこで今回は、コンビニ3社のカレーまんを徹底比較!「ホット感」「チーズの旨み」「濃厚感」「もっちり感」「食べ応え」に注目し、それぞれの個性が分かるように5段階で評価します。

○セブン&アイグループ: 老舗店舗が開発した上品なカレーまん!

まずはセブン&アイグループの「味わいまろやかチーズカレーまん」(税込130円)を食べます。セブン&アイグループの中華まんは、老舗・新宿中村屋と開発しているのがポイント。これは本格的な味が楽しめる予感……!

さっそく中身をチェックしてみましょう。ホクホクした生地を割ってみるとカレーのスパイシーな香りが漂ってきました。さらにとろ〜りとチーズがあふれてきて、視覚的にも食欲を刺激されます。生地は厚めで食べ応えがありそう! さて、お味はいかに……?

ひと口ガブリと食べてみると、まろやかなチーズと辛さ控えめなルーが合わさり、優しい味わいが感じられます。肉や野菜の旨みがあり、甘口カレーというよりは風味豊かな上品カレーといった印象。

しかし、もっちりした生地はボリューム感満点! しっかりお腹を満たしてくれました。辛い食べ物は苦手かも……という方にもオススメしたい、具材の味をしっかり堪能できる上品なカレーまんです。

ホット感   ★★☆☆☆

チーズの旨み ★★★☆☆

濃厚感    ★★★★☆

もっちり感  ★★★★★

食べ応え   ★★★★★

○ローソン系列: おなじみの味を中華まん用にアレンジ!

お次はローソン系列の「チーズカレーまん」(税込130円)です。11月に新登場したチーズカレーまんは、「ココイチ」でおなじみの人気カレー店・CoCo壱番屋が監修。しかし今回のカレーは店舗で提供されているものとは違い、生地に合わせた配合で作られているんだとか。

さて、生地を割ってみると……ふむふむ、生地は厚みがありつつ、カレーをたっぷり包めるような構造になっているのでしっかりカレーを堪能できそう! こちらのカレーまんはモッツァレラチーズとゴーダチーズの2種類を使っているようで、割った瞬間チーズがよく伸びる!

では、早速いただきまーす! ぱくり……おお、コク深い味わいが口いっぱいに広がってきました。デミグラスソースを使って欧風に仕上げているようです。ゴーダチーズのクリーミーさもあり、まるで喫茶店で食べるカレーのような懐かしさ。また、セブンの生地が"もっちり"なら、こちらは"みっちり"という硬めの食感。手軽にガッツリ感を味わいたい! という方にオススメの一品です。

ホット感   ★★★☆☆

チーズの旨み ★★★★★

濃厚感    ★★★☆☆

もっちり感  ★★★☆☆

食べ応え   ★★★★★

○ファミリーマート: あま〜い生地がスパイシーなカレーとマッチ!

最後はファミリーマートの「チーズカレーまん」(税込130円)。こちらもローソン系列のカレーまんと同じく、モッツァレラチーズとゴーダチーズの2種類が使われているようです。さて、味の違いは……?

今まで同様に生地を割って中身を確認してみましょう! スパイシーな香りとともにほんのり甘い香りが漂ってきました。弾力があるもっちり生地というより、フカフカした柔らかさがある生地が特徴的です。カレーは肉と野菜の存在感がしっかりあります。

思い切りがぶりと食べてみると……おお! ピリッとした辛さが刺激的〜! 思わずがっついてしまうホット感です。たっぷりチーズが含まれていてマイルドな味わいも楽しめます。カレーはしっかり辛さがあるものの、生地が甘くて口の中でクシュっと溶けるような軽い口当たり。女性でもおやつ感覚で食べられちゃいそうです。

ホット感   ★★★★★

チーズの旨み ★★★★★

濃厚感    ★★★☆☆

もっちり感  ★★★☆☆

食べ応え   ★★★☆☆

今回はコンビニ3社のカレーまんを食べ比べてみました。具材の旨みを堪能できるセブン&アイグループ、硬めの生地で腹ペコ男子をうならせるローソン系列、さらに菓子パンのような軽い食感のファミリーマートと、各コンビニに特徴がありました。ぜひ皆さんも実食してみて、自分好みのカレーまんを探してみてくださいね。