マツダ、東京オートサロン2018の出展車両を発表 「CX-8」などのカスタマイズカーやレストア作業中の初代「ロードスター」も展示

【ギャラリー】Mazda Tokyo Auto Salon 201811


マツダから、来年1月に開催される東京オートサロン 2018の出展車両が明らかにされた。12月14日に発売となる3列シートを備えた新型クロスオーバー「CX-8」をはじめ、「CX-5」「CX-3」「ロードスター」をベースにカスタマイズを施した「CUSTOM STYLE 2018」仕様が展示されるほか、レストア作業中の初代NA型ロードスターのホワイトボディも披露される。

ロードスター RF CUSTOM STYLE 2018は、フロントアンダースカート、リアスポイラー、サイドアンダースカート、リアアンダースカートといった各種エアロパーツを装着し、車高調整式サスペンションでローダウン。インテリアはドアトリム、デコレーションパネル、センターコンソールリッド、シフトブーツ、パーキングブレーキブーツにアルカンターラが使用されている。さらに車体の剛性アップを図り、ストラットバー、パフォーマンスバー、ロアアームバーを追加。電動開閉式ルーフを備えるロードスターRFのスポーティなイメージを強調した1台になっている。


ダークチェリーのソフトトップを装備する特別仕様車「RED TOP」がベースとなるロードスター CUSTOM STYLE 2018は、車高を下げ、シルバーのウインカーバルブを装着する等の軽度なカスタマイズに留まる。


CX-8 CUSTOM STYLE 2018は「マシーングレープレミアムメタリック」の「XD L Package 4WD」をベースに、特別仕様のマフラーや車高調整式サスペンションを組み込み、20インチ・ホイールと255/45R20タイヤを装着。ブレーキ・キャリパーにはペイントが施され、インテリアはステアリング、シフトノブ、シフトブーツがシートに合わせてブラウンレザーに替えられている。


CX-5 CUSTOM STYLE 2018の方は、ボディ・カラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」にコントラストを効かせたダーク・カラーのアンダースカートが、前後左右に装着されている。ホイールとタイヤは前述のCX-8と同じ20インチの255/45R20タイヤだが、こちらの方が全長が短いので大径の足回りが目立つ。


コンパクトなCX-3 CUSTOM STYLE 2018は、19インチ・ホイールに225/45R19タイヤの組み合わせ。CX-5と同じくソウルレッドクリスタルメタリックのボディには控え目なエアロパーツが装着されている。ブレーキ・キャリパーのペイントとマフラー交換、そして車高調整式サスペンションによるローダウンはお約束。

今回の出展テーマ「Be a driver. Experience 〜マツダの新しいチャレンジが始まる〜」を最も体現していると言えるのが、今年の8月に発表された初代ロードスターのレストア・サービスだろう。東京オートサロンの会場には、古い塗装を剥がして新たに下塗りを施した状態のボディが展示されるという。これを見ながら、いよいよ12月13日に受付が始まるレストア・サービスについて、担当者から直接お話を聞くことができるそうだ。長年乗り続けた来たNA型ロードスターを美しく甦らせたいと考えている方は、この機会に疑問や要望をぶつけてみよう。

東京オートサロンは2018年1月12日から14日まで千葉県・幕張メッセで開催。マツダの出展車両は2018年2月10日から12日までインテックス大阪で開催される大阪オートメッセでも見られる。

■関連リンク
マツダ 公式サイト:東京オートサロン&大阪オートメッセ 2018
http://www.mazda.co.jp/beadriver/event/autosalon_automesse2018/
東京オートサロン 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2018/
大阪オートメッセ 公式サイト
http://www.automesse.jp/

【ギャラリー】Mazda Tokyo Auto Salon 201811



■関連動画