11日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、初の対中プロジェクトとなる北京での天然ガス輸送パイプラインの建設を進める事業に2億5000万ドル(約284億円)を融資することが認可されたと発表した。写真はAIIB本部前の記念碑。

写真拡大

2017年12月11日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、初の対中プロジェクトとなる北京での天然ガス輸送パイプラインの建設を進める事業に2億5000万ドル(約284億円)を融資することが認可されたと発表した。中国新聞網が伝えた。

約510の村の約21万6750世帯に天然ガスを送るパイプラインの敷設などに用いられ、工事完成後、北京市の石炭使用量を毎年65万トン、二酸化炭素排出量を同59万5700トン削減することができるという。プロジェクトの完成は2021年を予定している。

AIIBの金立群(ジン・リーチュン)総裁は、「中国は石炭依存を減らし環境を改善することを約束している。このこともまた、われわれがこの投資プロジェクトを行う原因だ」と説明した。

AIIBは、アジアで不足しているインフラ建設資金を融資する目的で15年に発足した。中国が提唱して設立された初の多国間金融機関でもある。(翻訳・編集/柳川)