Jin-Machine

写真拡大

新メンバーにレジデンス涼羽-178(ていおん! ※B)を迎え、12月13日(水)にニューシングル『売れたくて』をリリースするJin-Machine。

2017年上半期「オススメV系CD」ホンネ座談会!“CDが売れないこんな世の中”に推したい9作

前半はシングル収録曲を作曲しているマジョリカ・マジョルカ・マジカルひもりさん(ギタ―――(゚∀゚)―――!! ※G)、ルーベラ・木村・カエレさん(ドラミ ※Dr)、そして作詞を担当しているfeaturing16(MC ※Vo)さんをお呼びして新作についてじっくりお話を伺い、後半はあっつtneデストロイさん(破壊 ※Vo)、新メンバー涼羽さんを加えてのロングインタビューになっています。

好き勝手やってるわけではなくて、売れる気はあるんです。

――単刀直入に聞きますね? この『売れたくて』というタイトルは一体……?

featuring16(以下・16):売れたいという気持ちを込めてつけました。

――実際『女々しくて』は意識してますか?

16:大いにしてますね!

――ちなみに確認は……?

16:取ってないです! そもそも「たくて」が彼らのものかといえばそうではなくて。私たちは「売れたい」「売れたいぜ」などの言い回しのなかで、なにがしっくりくるかと考えた結果、言葉の響きで『売れたくて』にしたんです。なんなら向こうがパクったくらいですよ。心外だな!

――さっきと仰っていることが正反対じゃないですか。

マジョリカ・マジョルカ・マジカルひもり(以下・ひもり):パクるにしても遅いよね。

――約10年前ですよ。本人たちが散々セルフパロディしてる後に。

ルーベラ・木村・カエレ(以下・木村):今更……。

16:つまりこれでまた火がついたら私たちのおかげですね!

――はいはい。歌詞の内容もストレートに「売れたい」という感情が爆発してますね。

16:この制作には紆余曲折あって、自分たちの本当に作りたいものはなんなのかという原点に立ち返り、皆が共有できる気持ちはなんだろう、身近なところでいったら「早く売れたい」かな、と。それを表現するなら気持ちも入るし、説得力もつけられるんじゃかないと。「これならいける!」と決まりました。

――featuring16さんといえば元カノの存在を公言してネタにしてることでおなじみですが、「元カノ、売れたら帰ってきても構わないよ」と。

16:実は元カノのことをメインにしたバンドマンの歌にするかという案もあったんです。

――そこまで元カノの存在が大きかったんですか?

16:曲の中で元カノに対してまだ言い続ける、それをシングルで出すというおもしろみもあるかなと思ったんですけど、それは制作ディレクターに止められました。そこは一般的な考え方に寄せてみたという。

――まさに「売れたくて」。

16:そういうところは抑えても芯は持っていたい、それが『売れたくて』。だから好き勝手やってるわけではなくて、売れる気はあるんです。

――作曲はひもりさん。

ひもり:「売れたい」っていう気持ちと「売れそうな」要素をせいいっぱい詰め込んだので、展開を無理やり作ってるんですけど、テンポも良くてストレートなサウンドです。

――終盤の畳み掛けがすごいですね。すでにライブでも披露していて、大変盛り上がっている曲だそうで。

16:なんというか「バカっぽい」作品にはなったんじゃないかな。「ツーバスが速い!」「速弾きが速い!」みたいな中学生が考えるような要素がふんだんに入ってる。たいてい速さに対する追求はどこかで卒業しちゃうじゃないですか。

木村:普通に考えたら速ければいいってもんじゃない。

16:どんどん大人びた音楽になっていくと思うんですけど、それに逆行してどんどん幼児化していく音楽になっています。

ひもり:中二病的な音楽ですよね。速い! 強い! 変なことやって目立ちたい!

――それは歌詞にも言えることですね。「売れて社長と友達になりたい」とかストレートな欲望を出すことは普段あまりないじゃないですか。そこにストレートな欲望の出た演奏があって、ひとつひとつのドヤ感を恥ずかしいと思ってないと。

ひもり:そういう感じで「こいつらバカだな」と受け取ってもらえれば。

木村:でも忘れちゃいけないですよね。ここがスタートですから。

「ライブ中にマグロを投げる」という特許を取っておけばよかった。

――そしてカップリングの話もしましょう。ついに『マグロに賭けた男たち』が全国流通に乗ってしまいますよ。

16:反対したんですけどね。

ひもり:この曲入れるなら新しい曲入れようと。

木村:うん。

――ではこれはどなたのアイデアなのですか。

ひもり:大人の力が働いて。

――大人のみなさ〜ん?

YAMAHAの人:ライブでも盛り上がりますし、人気の曲なので……。

ひもり:『マグロ』が今の我々の代表曲だということもわかったんで。体制も変わりましたし、新たにレコーディングしたのでかなり印象も変わっています。

16:音像部分も変わりましたし。それなら広がりをもたせたい、というメーカーへの願いをこめて……(YAMAHAの人の方を見つめる)。『ゴリラ』的に、どこかのテレビ番組で流れたりするような使い方をされてほしいなと。

――たしかに『ゴリラ』はワイドショーなどでも使用されていましたね。

16:マグロが出てきたらこの曲がテレビで流れる、みたいな。打首獄門同好会やjealkbに負けないように! オリジナルは一応我々の方ですよ!

――何故かこの「魚を投げる」というパフォーマンス、ミュージシャン人気が異様に高いですよね。

16:「ライブ中にマグロを投げる」という特許を取っておけばよかった。

――取れるんですかね? そもそもどうして「マグロ」をテーマにした曲を?

16:私が「マグロに賭けた男たち」(※青森県のマグロ漁師にスポットを当てたドキュメンタリー番組)にすごく感銘を受けて作ろうと思ったんです。

ひもり:でもこんなに長いことやるとは思ってなかったね。

――代表曲と呼べるくらい成長しましたよね。ライブのクライマックスはこの曲というイメージがあります。

16:ライブの空気も変えられるし、どんなに感傷的なところをみせたところで、最後にこの曲をやると「我々のやりたいことはこれです!」というところが言い切れる曲なんで。便利ですね。こうやってシングルに収録されたことで、あわよくばテレビで流れたりしてほしいし、あと漁港さんと対バンしたいです!

仮タイトルが「池袋サイバーの本気」っていう曲でした。

――「漁港さんと対バンしたい」、書いておきますね。そしてTYPE-B収録の『maria.』。Jin-Machineの曲の中には、ヴィジュアル系っぽい曲と歌詞にみせておいて実際は別のことを歌ってる……みたいなオチのある曲もあるじゃないですか。これは何かの比喩なんですか?

16:ヴィジュアル系あるあるとして「手首を切り裂く」ってフレーズがあるじゃないですか。手首切り裂きがちじゃないですか? 私も「手首切り裂く」って言いたいって思って。もともとこの曲がすごくヴィジュアル系っぽかったんで、それで手首を切り裂こうと思ったんです。つまりは固定観念です!

ひもり:この曲は完全にヴィジュアル系ですね。仮タイトルが「池袋サイバーの本気」っていう曲でした。あとは「ルイードK4の本気」っていう曲があってそれを合体させて……。

16:「K3」がその前にあったんだよ。

ひもり:こっちが「K4」かな?

木村:どっちでもいい。

ひもり:そういうヴィジュアル系のライブハウスでやってるバンドさんが得意としそうな曲調だったりサウンドだったり。これは上手くできたと思います。

――そしてTYPE-Cは……。

16:一番安いバージョンです。

――ある意味安さに見合った世界観の曲が入ってますね。『恋してせんべろ』『パチンコ イェーイ!!!』

ひもり:クズCDになってますね。

16:せんべろはクズじゃないよ〜。

――私、不勉強ながら最近まで「せんべろ」という言葉を知らなくて、「1,000円でベロベロになれる安い居酒屋」という意味なんですね。たまたま先日知り合いの女子大生が「せんべろに行く男の人が少しやだ」という話をしていて、そこで知ったんですよ。

16:はぁ〜〜ん? じゃあそいつはどこに行きたいんだよ!

ひもり:歌詞にもあるけど、バルじゃない?

――「もっとお酒を楽しんでほしい」って言ってました。

16:お酒を楽しむ? 何言ってんだ! どういう意味? 俺楽しんでますけどね。

ひもり:なんで怒るの(笑)。

16:なんなんですか。バルとか! 間接照明! 木でできた床! そんなやつらに限って、雰囲気だけで椅子の座りごこちも悪いところに行くんですよ。ガヤガヤうるさいし。せんべろと何が違うんだ!

ひもり:確かに。

――(木でできた床……?)

16 :インテリアや雰囲気にお金払うよりも、せんべろだったら発泡剤のお皿でもちゃんとした生ウニがどーんと載ってて、日本酒がついてくるわけですよ。適当なグラスに入ってくるんですけど。それが1,000円ですよ。かたやバルに行ったら下手したらチャージだけでその金額取られますよ。バッカだと思わない? ……ってその大学生に伝えといてください!

――そういう人にこそ聴いてほしい曲ということですね。作曲は木村さん。

木村 もともと売れたい曲で作るつもりが、酒になり、せんべろになった。まあ…忘年会シーズンですし。

16:立ち飲みで忘年会! 斬新!

――この曲もメディアで使われたりするといいですね。

16:せんべろという文化を楽しく表現できている曲ですね。でも、曲は流行ってほしいですけど、せんべろ自体は流行ってほしくないんですよね。ゆっくり飲めなくなっちゃう(笑)。

皆さんもすげえクズな歌詞だとわかってくれるんだろうなあ。

――そして『パチンコ イェーイ!!!』、これもまたストレートな歌詞ですね…。

16:史上最低のJ-POPの歌詞です。

――この曲の主人公、大変なギャンブル狂いですけど、まったく悪いと思ってないですもんね。

16:そうなんですよ。結構前に作ったんですけど、この曲自体は「いいね〜クズだね〜」って言ってたけど、収録の機会に恵まれなくてくすぶってたので、ここでようやく日の目をみることができました。

ライブではやってたけど実際に歌詞を読んで聴いてくれたら、皆さんもすげえクズな歌詞だとわかってくれるんだろうなあ。パチンコ好きな人って独特のテンションの高さがあるじゃないですか。そのテンションが出せたかなと。

ひもり:メロコアですねこの曲は、テンションの高いただのメロコアです。

――根拠のない元気さがありますね。

16:パチンコが好きな人物の歌詞を書きたいというのがずっとあったんで、この曲ならハマると思ったんです。

――そんなこんなで盛りだくさんのシングルですね。

16:多ジャンルに。毎回シングルCDは頑張ってみるけどおさまりがつかない。情緒不安定なCDです。酒飲んだりパチンコ行ったり、売れたいって言ったり手首切り裂いて。

――すごい振り幅ですね。そこがJin-Machineのいいところ、らしさだとは思います。では今後のご予定について聞かせてください。

16:涼羽さんが正式に加入します。

――えっ? 水月さん卒業後、サポートベースを務めている涼羽さんが。それは初耳です。(※取材は11月上旬)

16:最近レコーディングとかツアーで同じスタッフやメンバーとばかり会ってるんですけど。スタッフも含めたLINEグループで「12日づけで 涼羽さんが入りますよ」って言ったら「えっ? 入るの?」と偉い人から返信がきて、「あ、ここには伝えてなかった」と。

――「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」大事ですよ!

16:皆すっかり知っているつもりでいたら……。

――つまりそのくらい馴染みすぎていると。

16:ツアーずっと一緒にいたし。一緒にいるのは当たり前っていう。

レジデンス涼羽-178の加入について

――「ウレぴあ総研」読者の方の中には、まだ新体制のライブは観てなくて、涼羽さんのことをまだご存知ない人もいるかと。涼羽さんどんな人なんでしょうか?

木村:天然ですかね。

ひもり:変な人です。「こう見えて実はしっかりした人なんじゃないか?」と最後まで信じていたんですけど…、違いました。

――だからこそJin-Machineのベースにふさわしいのかもしれませんね。

16:今まで会ったことのないタイプの人ですね。「こんなふわふわしたお花畑な人いるんだ、しかも男性で」っていう。キャラを作っていて「なんとかちゃんは〜苺しか食べない〜(ここで両腕をパタパタ)」って言う人でも実は裏だと……。

木村:「タバコをスパー」みたいな。

16:って人はいるかもしれないけど。裏から表まで首尾一貫してふわふわしている人ですね。

木村:よく言えば裏表がない、悪く言えばサイコパス。

16:だから不安になりますね。よく今まで生きてきたなと。

――ちなみにJin-Machineには独特な名称があるじゃないですか。涼羽さんのステージネームは決まっているのですか。

16:レジデンス涼羽-178です。

――お住まいですか。

16:「iモード涼羽」、「FOMA涼羽」、「涼羽CDMA1」などが候補にありました。

――古い携帯サービスから離れてください。では新メンバーのレジデンス涼羽-178さんをお呼びします。そしてひとりだけいないのもアレなんで、あっつtheデストロイさんもどうぞ〜!

(あっつ・涼羽登場)

あっつtheデストロイ(以下・あっつ):お久しぶりです〜。

――お久しぶりです。あっつさんは近況は?

あっつ:NBAとランニングと『FGO』と『アズールレーン』にハマっています!

――スポーツ・スポーツ・ソシャゲ・ソシャゲ! ありがとうございます。

あっつ:ガチャは悪い文明です!

――はい! そして正式加入となりました涼羽さん。

レジデンス涼羽-178(以下・涼羽):ベーサーの涼羽です。

――(ベーサー?)涼羽さんの加入の経緯をきかせてください。

涼羽:共通の知人がおりまして、その方を通じてJin-Machineさんがベースを探していると聞いて、「ぜひとも」と。そして木村さんに繋いでいただいたんです。そこからご挨拶をさせていただいて、7月のEDGEでサポートとして入りました。

――さきほど、涼羽さんは天然だと伺いました。

涼羽:そのつもりはないんですけど、変な人だと言われますね。サイコパスだと。天然ボケ……ではないです。否定しておきます。でも狙ってるわけではない。あっでもこれって天然ってことなのかな……?

木村:……そういうことです。

――流れつかみました!

涼羽:加入について僕としては「なんでもやります、やらせてください」みたいな気持ちです。Jin-Machineはおもしろバンドと言われますが、明確に素晴らしい音楽性があるうえでのおもしろさなんで、今まで音楽面で携わっていましたが、今後はおもしろ面でもたずさわっていきたいです。

木村:ネタ的な部分もこっちが言う前からコッソリ練習してたりしてたらしいですよ。

――それはある意味なんとも真面目な。そして2月から始まるワンマンツアー『今日から一歩』も発表されました。ツアーファイナルはなんとクラブチッタ川崎とのことで。

16:前回のツアー(『Jin-Machineツアー2017秋 じんましーんのプンプンガッツマン!』)はみっちゃん(水月)が辞めて、それでも私たちはやっていくんだよという意志確認のツアーだったんです。馴染んだものの、まだふわふわしているところもあって。次のツアーはそれをさらに安定させて、このバンドの真価を世に見せつけるというか。

今回のツアーを経て、変化は大いに実感できているので、もっと良いところ悪いところをツアーまでに改善していって、次のツアーでもさらに成長していけるんではないかと踏んでいます。

――最後に、ひと言ずつコメントをお願いします。

16:新しいJin-Machineにご期待ください!

ひもり:このCDを聴けばJin-Machineのことがわかる名刺代わりの1枚になっております。

木村:せんべろだのパチンコだの言ってますが、「売れたい」という気持ちは嘘じゃないです、ぜひ聴いてください。

あっつ:時期が時期なので健康第一、あと今年はセーフティードライブを意識して安全に行きたいですね。次のワンマンで初めて行く場所もあるので、その土地にしか来れない人をひきつけられるように、Jin-Machineを広められたらと思います。

涼羽:『売れたくて』ってタイトルの通り、僕も売れたいという気持ちは常々あって。TVにも超出たいし。武道館立ちたいし、そんな気持ちが強くあるんで、このシングルをひっさげて、平民の皆さん、Jin-Machineのまわりの皆さん、シーン全体で盛り上がっていけたらと思っています。そうなれるように頑張りたいですね。

スケジュール

<シングルリリース情報>

発売日:2017年12月13日(水)

『売れたくて【TYPE-A】』

■品番:YCCW-30066
■価格:1,800円(本体)+税
■CD収録曲:<全9曲>
01.売れたくて
02.マグロに賭けた男たち
03.売れたくて(カラオケ)
04.マグロに賭けた男たち(カラオケ)
【「全日本おもしろ選手権ツアー」 2017.05.01初台DOORSミサ音源】
05.ようこそJAPAN
06.さくら〜NEVER DIE〜
07.通勤モッシュはエブリデイ
08.パンチ伝説
09.ゴリラ

『売れたくて【TYPE-B】』

■品番:YCCW-30067
■価格:1,800円(本体)+税
■CD収録曲:<全10曲>
01.売れたくて
02.maria.
03.売れたくて(カラオケ)
04.maria.(カラオケ)
【Jin-Machine TOUR 2017 kiss-キス- 〜愛 miss 優〜 2017.07.09原宿アストロホール ミサ音源】
05.ようこそJAPAN
06.贈る言葉(トーク)
07.がんばれ!桜、アディオス
08.FIVE
09.さよならアキラメロン
10.スーパーハッピー

『売れたくて【TYPE-C】』

■品番:YCCW-30068
■価格:1,400円(本体)+税
■CD収録曲:<全6曲>
01.売れたくて
02.恋してせんべろ
03.パチンコ イェーイ!!!
04.売れたくて(カラオケ)
05.恋してせんべろ(カラオケ)
06.パチンコ イェーイ!!!(カラオケ)

----------------------------------

<平民vs国民「売れたくて」リリース記念フリーイベント>
12月21日(木) 渋谷チェルシーホテル

----------------------------------

<公演情報>

■ワンマン公演

【Jin-Machine 2018 tour「今日から一歩」】
2月3日(土)横浜BAYSIS
2月4日(日)高田馬場AREA
2月10日(土)西川口Hearts
2月11日(日)千葉LOOK
2月12日(月)HEAVEN’S ROCK 宇都宮VJ-2
2月17日(土)神戸VARIT.
2月18日(日)大阪MUSE
2月24日(土)名古屋ハートランド
2月25日(日)静岡Sunash
3月10日(土)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
3月11日(日)金沢GOLD CREEK
3月17日(土)岡山LIVE HOUSE IMAGE
3月18日(日)広島BACK BEAT
3月21日(水)福岡DRUM SON
3月24日(土)仙台HOOK
3月25日(日)郡山HIP SHOT
3月31日(土)札幌KRAPS HALL
4月1日(日)札幌KRAPS HALL
4月15日(日)CLUB CITTA’ KAWASAKI

【ジンマシーン歳末謝恩大市】
12月30日(土)仙台イービーンズ

■イベント公演

【ART POP ENTERTAINMENT PRESENTS 「睦月旅情'18〜西へ向かって走っちゃえ ! 〜」】
2018年
1月13日(土)神戸VARIT.
1月14日(日)岡山IMAGE
1月15日(月)広島SECOND CRUTCH
1月17日(水)福岡DRUM Be-1

【Anli Pollicino Presents 3ヶ月連続 東名阪2マンツアー 三本勝負! 1st round Anli Pollicino VS Jin-Machine】

2018年
1月20日(土)高田馬場CLUB PHASE
1月27日(土)名古屋ell.FITS ALL
1月28日(日)阿倍野ROCKTOWN

その他情報は、「売れたくて」商品特設ページ、Jin-Machine オフィシャルウェブサイトでチェック