画像提供:マイナビニュース

写真拡大

nixCraftは2017年11月9日(米国時間)、「Monitor Linux CPU temperature, frequency, power in a graphical way - nixCraft」において、ターミナルでCPUの温度、周波数、利用率、消費電力などをグラフで表示するコマンド「s-tui」の使い方を紹介した。表示できる項目は環境によって異なるが、条件がそろえば対応するすべてのデータをグラフでリアルタイムに表示させることが可能。

インストール方法およびセットアップ方法は次のとおり。

○インストール方法 macOS

curl -O https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

sudo python ./get-pip.py

sudo pip install s-tui

○インストール方法 Ubuntu

sudo apt install python-pip

sudo apt install s-tui

○pipアップデート方法

sudo pip install --upgrade pip

○コマンド実行方法

s-tui

s-tuiコマンドは引数に-cまたは--csvオプションを指定すると、取得したデータをCSVファイルに随時書き出して保存するほか、-tを指定すると値を取得して1回だけターミナルに出力、-jを指定すると値を取得してJSON形式で1回だけターミナルに出力させることができる。