12月5日、経営再建中の(株)東芝(TSR企業コード:350323097、東京都、東証2部)は「第三者割当による新株式の払込完了に関するお知らせ」をリリースした。11月19日に新株発行により、ウエスチングハウス(WH)の親会社保証の一括弁済に充てると発表していたが、これが一歩前進したことになる。
 今回の第三者割当による発行価額の総額は5,999億9,999万4,000円で、このうち2,999億9,999万7,000円を資本金に繰り入れ、新資本金は4,999億9,999万7,000円となる。残額の2,999億9,999万7,000円は資本準備金とする。
 12月12日現在、東芝の商業登記簿上の資本金額は2,000億円のままで変化がない。この点について東芝の担当者は、「12月5日の払込完了で増資は即日発効している。また、7日には割当先が株式の新規登録している」という。その上で、「現時点(12月12日)で登記変更の申請手続きはしていない。増資完了から2週間以内に申請するルールなので、それまでに申請する予定だ」と話す。
 東京法務局の担当者によると、「会社法上、登記事項に変更が生じた場合、2週間以内に登記変更を申請しなければならない。期限を過ぎた場合は、法人代表者に対して100万円以下の過料が科せられる可能性がある」という。

 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年12月13日号掲載予定「SPOT情報」を転載)

 TSR情報とは