元ブラジル代表FWロナウジーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

慈善試合で衰え知らずの“ハーフウェー弾”炸裂、37歳の天才にファン興奮「魔法使い再び」

 サッカーの元ブラジル代表FWロナウジーニョが母国ブラジルで行われたチャリティマッチで圧巻のハーフウェー弾を炸裂。衰えることのない37歳が放った約60メートルの超ロングシュートの瞬間をブラジルスポーツ専門メディア「globoesporte.com」が動画付きで紹介し、ファンから「魔法使い再び」「名手はいつまでも名手」と賛辞の声が上がっている。

 お祭り試合でも、カナリア軍団で10番を背負った男のワザは際立っていた。サンパウロのパカエンブースタジアムで行われたチャリティマッチ。母国のピッチに立ったロナウジーニョが衰え知らずのテクニックを披露した。

 自陣のセンターサークル内でボールを持った場面。ロナウジーニョは相手GKがゴールマウスを空け、前方に位置していたのを見逃さなかった。すかさず右足を一閃。低く鋭い軌道を描いたボールは真っ直ぐにゴールへ。相手GKも追いかけたが、その頭上を越えていった。そして、そのままボールはゴールネットを揺らしたのだ。

 実況は「ロナウジーニョ!」と4度連呼し、大興奮。往年と変わらないテクニックが炸裂し、客席のファンも大喜びとなった。圧巻のハーフウェー弾を「globoesporte.com」公式ツイッターは動画付きで「誰がスターだと思う? 決して忘れられることはない。パカエンブーで行われたフェスティバル試合でロナウジーニョがやってのけたことをとくと見よ」と紹介している。

「たとえ練習試合でも、これほどのゴールを決められる選手が世界に何人いるんだ?」

 映像を観ると、一瞬の判断で右足を振り抜くと、一直線にゴールへ。しかも、しっかりとゴールマウスのド真ん中に蹴り込んでいるのが見て取れる。もちろん、チャリティマッチで相手のチェックも緩いが、それでも卓越したコントロールは一級品だ。目の当たりにしたファンもコメント欄で次々と驚きの声を上げた。

「魔法使いは情け容赦ない」
「“クラッキ”の称号をほしいままにする存在」
「歴代最高の選手がもうすぐキャリアに幕を閉じるのは残念」
「魔法使い再び」
「たとえ練習試合でも、これほどのゴールを決められる選手が世界に何人いるんだ?」
「名手はいつまでも名手」
「永続的なセンスの塊」

 名門バルセロナなど欧州の第一線で活躍し、ブラジル代表では06年W杯で日本代表とも対戦した。現在はフットサルにも挑戦しているが、今月1日に行われたロシアW杯組み合わせ抽選に招待され、Jリーグで今なお現役を貫く三浦知良らとの“晩餐会”写真を掲載し、日本でも大きな話題を呼んでいた。

 37歳となっても一時代を築いたスターとカリスマ性とテクニックは未だ失われていないようだ。