インスタグラムで、3人の子どもを育てる日常を描いた漫画『白土家のこども』を発表している白土ヒデミさん。旦那さん、長女ネネちゃん(4歳)、次女チビちゃん(2歳)、長男ゴンちゃん(0歳)の5人暮らしで、普段は簡単な家庭料理をつくることが多いそう。そんな白土さんが、ESSEを見てつくってみたのは…

年末年始に大活躍!見た目もかわいい手づくりババロア


今回つくってみたのは、ESSE新年特大号の特集「おめかしスイーツをつくろう」に掲載のイチゴババロアです。

●イチゴババロア

イチゴがギュッと濃縮されたババロアは、ややしっかりめの食感。食べごたえがあるのに、口に入れるとスーッと溶けるなめらかさです。プリンカップなどで小分けにしてつくってもかわいい。

【材料(縦16.5cm×横11cm×深さ6cmのほうろう容器1台分)】
イチゴ 300g
粉ゼラチン(水戻し不要タイプ)5g
牛乳 60cc
砂糖 30g
生クリーム 100cc
A[生クリーム50cc 砂糖小さじ1]

【つくり方】

(1) イチゴは洗ってヘタを除き、水気をふく。200g分はミキサーにかけるか、フォークで細かくつぶす。

(2) 小鍋に牛乳を入れて弱火で温め、沸騰直前に火を止め、ゼラチンをふり入れて溶かす。

(3) ボウルに(2)を移し、(1)を少しずつ加えて溶きのばし、砂糖を加え混ぜる。

(4) 生クリームは泡立て器で角が立つくらいの8分立てに泡立て、(3)に加え混ぜる。容器に流し入れ、平らにならし、冷蔵庫で2時間冷やし固める。

(5) ボウルにAを入れて泡立て器で8分立てにし、スプーンで(4)の上にところどころのせ、残りのイチゴを飾りつける。
[全量938kcal]






初挑戦ですが、とっても簡単につくれたそう。子どもたちも初めて食べるババロア。反応はいかに?


意外にも、初めての食感に戸惑う子どもたち。子どもあるあるかもしれませんね。


そのかわり? 夫のテツさんに大好評! 子どもが残した分までペロリと平らげてくれたそうです!


ピンク、白、赤の組み合わせはクリスマスにぴったり。女子受けも抜群です。

ESSE新年特大号では、ほかにもごちそう感のあるスイーツのレシピを掲載しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

●つくってみた人
【白土ヒデミさん】
@shiratokenokodomoのIDで、Instagramに3人の子どもの育児に奮闘する日々を描いた漫画『白土家の子ども』を執筆。ママのための写真投稿SNSアプリ&サイト「KiraraPost」でも連載中。

<レシピ/本間節子さん>