日本と北朝鮮は政治的には緊張関係が続いているが、E-1の試合では反スポーツマン的な行為は見られなかった【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

あまり重要視されていない奇妙な大会

 8日に開幕したEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会。ハリルジャパンは開幕戦となった北朝鮮戦で1-0、なでしこジャパンも韓国に3-2の勝利を挙げたが、内容は振るわず。また、その他の試合も低調なパフォーマンスに終始していた。E-1サッカー選手権へのファンの熱意は薄いように感じられるが、同大会が果たす役割は何なのか。政治的問題に揺れるアジア諸国。しかし今大会で友好的な試合が続けば、それは世界に届かずとも役割を果たしたことになるのかもしれない。(取材・文:ショーン・キャロル)

----------

 EAFF E-1サッカー選手権は先週末にかけて緩やかに始動した。男女の初戦となった4つの試合はまさに、いささか奇妙なこの大会の開幕を飾るのにふさわしいものだったと言える。

 寒さと雨に見舞われた金曜夜の千葉では、高倉麻子監督率いるなでしこジャパンが韓国との乱戦に3-2で辛うじて勝利。その24時間後の東京では、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる男子代表が初戦でそれ以上の苦戦を強いられた。

 負けてもおかしくない、おそらくは負けるべきだったと言うべき北朝鮮との試合に、井手口陽介が93分に決めた強烈ミドルに助けられて1-0の勝利を収めた。

 残りの2試合も同様に低調なものだった。北朝鮮の女子代表は、まとまりを欠いた中国を圧倒して2-0で勝利。男子の韓国代表と中国代表はちぐはぐで不格好な試合の末に2-2で勝ち点を分け合った。

 やや期待外れとなったこれらの試合を見守ったファンは合計で2万5千人にも満たなかった。2002年に東アジアサッカー連盟が設立されたあと、2003年からおおよそ隔年で開催されてきたこの4ヶ国対抗戦を、各協会や選手たちだけでなくサポーターもあまり重要視しようとしていないことが示されている。

 大会を前にした監督たちや選手たちが良い試合をしたいと言おうとも、やはりそれは当事者たちにとってどこか後付けのように感じられる。近隣国のライバルチームを破って何らかのタイトルを獲得することに意味を見出すよりも、いわゆる2軍や3軍クラスの選手たちをテストするチャンスとして扱われている。

開催時期、大会名も一貫せず。テスト的な要素が強く

 大会の時期が一定していないことも一因だ。過去2大会は2013年と15年の夏にソウルと武漢で開催された。日本が前回主催した大会は2010年2月、厳しい寒さの中での開催だった。

 大会名すらも頻繁に変更されてきた。2003年から10年までは東アジアサッカー選手権として知られ、その後2013年と15年には東アジアカップと呼ばれた。こういった条件も災いし、ただでさえ過密な国際試合のカレンダーの中で、この大会が確かな存在意義を確立させるのは容易ではない。

 Jリーグの長丁場のシーズンの終了後に開催されることを考えれば、今年の大会への熱意が感じられないのも決して驚くべきことではない。

 もちろん、必ずしもエキサイティングなサッカーが展開されるわけではなくとも、監督たちにとっては新たな何かを試すことができるという点で歓迎すべき大会だ。これまで重用されていなかったような選手たちに実戦でのプレー機会を与えられるだけでなく、例えば普段なら練習でしかできないようなポジション変更やフォーメーション変更もテストすることができる。

 オリンピック・リヨンの熊谷紗希を欠いたなでしこの初戦で左SBの鮫島彩をCBに起用した高倉監督は、選手たちには複数のポジションをこなせるようになってほしいと主張していた。

 ハリルホジッチ監督もまた、粘り強く危険な北朝鮮に薄氷の勝利を収めた土曜夜の試合のあと、収穫の面を強調しようとしていた。特に中村航輔を名指しで称賛していたのは当然のことだろう。代表初先発となった22歳の守護神はゴール前で見事なパフォーマンスを披露していた。

 柏レイソルのチームメートであり同じく代表デビュー戦だった伊東純也も、交代出場で積極的な好プレーを見せたとして褒められていた。

注目すべき収穫は、ピッチ外の部分にこそ

 だが、最終的に2つの日本代表チームを勝利に導いたのは、すでに代表チームで確かな立場を固めている2人の選手だった。終了間際の決勝点で勝ち点3をもたらしたのは井手口と岩渕真奈。2010年東アジアカップに16歳で出場して代表デビューを飾った岩渕はまだ24歳だがすでに代表40キャップ以上を記録している。

 とはいえ、初戦で特に注目すべき収穫は、ピッチ外の部分にこそあったと言えるだろう。

 北朝鮮と他の3つの参加国との関係は、サッカー以外の様々な要素に取り巻かれている。大会主催者は、あくまでも純粋にスポーツのイベントとしてこの大会を取り扱うよう訴えているが、現在の情勢の中で日本が北朝鮮と対戦することの意味について問われたハリルホジッチ監督は雄弁に答えていた。

「我々は政治の話をするためにここにいるわけではない。我々はサッカーを通して友情や心地良さを伝えたいと思っている。両チームの選手たちはお互いに挨拶をして握手を交わしていたし、私も相手と握手を交わした」と65歳の指揮官は語る。

「世界は奇妙なものだが、サッカーをすることでその最高の部分を楽しむことができる。喜びや友情という部分だ。欧州でもアフリカでも日本でも、ライバル関係はどこにでもある。スポーツ界におけるライバル関係は良いものだ。今日の試合でも激しいぶつかり合いは多かったし、荒っぽいプレーもあった。だが誰もスポーツマンらしくないプレーをしてはいなかった。だから両チームを称えたいと思う」

 悲しいことではあるが、こういった良識が政治の世界にまで通じることはない。だが残りの試合も友好的に開催されていくのであれば、この大会が果たすべき役割を果たしたと言えるのは間違いないだろう。

(取材・文:ショーン・キャロル)

text by ショーン・キャロル