日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(左)は勝負師としての力を発揮し、老将マルチェロ・リッピ(右)を上回れるか【写真:Getty Images】

写真拡大

中国代表、リッピ監督就任後は上り調子に

 日本代表は12日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(E-1)の第2戦で中国代表と対戦する。初戦で韓国と引き分けた中国を率いるのは、イタリアをW杯優勝に導いた経験を持つ名将マルチェロ・リッピ。百戦錬磨の名将相手に、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の勝負師としての力が問われる。(取材・文:河治良幸)

---

 苦しみながらも勝利したEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(E-1)の初戦、北朝鮮戦から中2日、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は中国と対戦する。

 中国代表の監督はイタリア人のマルチェロ・リッピ。言わずと知れた世界的な名将で、1990年代にユベントスの黄金期を築くと、2006年のドイツW杯でイタリア代表を24年ぶりの優勝に導いた。

 2012年からは広州恒大を率いて、中国勢で初のアジア制覇を果たした。当時のチームはダリオ・コンカなど3人の強力な外国人アタッカーを擁しており、攻撃はほとんど彼らが牽引したが、むしろ驚かされたのは中国人選手たちに組織的なディフェンスを構築させていたことだ。そのベースは現在の中国代表にも表れている。

 リッピ監督が中国代表の監督に就任したのは昨年10月22日。ロシアW杯アジア最終予選の第4節でウズベキスタンに0-2で敗れ、1分3敗で最下位に沈んだ責任をとってガオ・ホンボ前監督が辞任すると、中国サッカー協会は広州恒大への復帰で基本合意に達していたリッピ氏を代表に引き入れた。

 初戦はホームでカタールと0-0の出足でつまずきかけたが、韓国に歴史的な勝利をおさめるなど6試合で3勝2分1敗。結局、奇跡のW杯予選突破に導くことはできなかったが、リッピ就任後の成績に限ればイランに次ぐ2位で、2勝2分2敗の韓国を上回る。特に6試合4失点の守備は現在アジア屈指だ。

 E-1にはGKゼン・チェン、センターバックのチャン・リンペン、フェン・シャオティンというリッピ監督が信頼する広州恒大の3人が参加しておらず、韓国戦でも2-2という結果が表す通り、短期間での守備面の構築には苦労している様子が見られた。前半は2人のセンターバックが長身FWキム・シンウクのマークに忙殺され、2列目からイ・ジェソンやイ・ミョンジュにいいように両脇を破られた。

問われる”勝負師”ハリルホジッチの手腕。リッピの理詰めの采配を崩すには

 しかし、後半スタートから3バックに変更して守備を修正すると、韓国の攻撃の勢いは止んだ。そこから頃合いを見計らったかのように長身FWのジャオ・ジーを投入して、後半から左サイドに入ったリー・シュエポンがユー・ダーバオ、ジャオ・ジー目がけて積極的にクロスを上げる形で攻勢をかけ、終盤の73分には180cmの大型MFイン・ホンボーも投入。その3分後、リー・シュエポンのクロスにユー・ダーバオが合わせて同点に追いついている。

 そうした采配は“マジック”という類いではないが、理詰めの計算に基づいているようで、経験に裏打ちされた豊富な引き出しから的確なシステム変更や交代カードを切ってくる。旧来の知人であり「尊敬している」と語るハリルホジッチ監督もリッピ監督の手腕をよくわかっているはずだが、スタートの段階で日本の戦い方がある程度ハマったとしても、そのままゲームを運べると思うのは危険ということだ。

 無論、リッピ監督の采配に翻弄されないように、ハーフタイムの指示や交代カードで処方箋を与えていくのはハリルホジッチ監督だ。対人能力に定評のある左サイドバック・山本脩斗の起用や空中戦に自信を持つ植田直通を右サイドバックでも試すなど、試合前から高さ対策に余念がないが、さらに試合中の選択が勝負のカギを握る。

 国内組の慣れないメンバーで、北朝鮮戦から中2日という事情から戦術面だけでなく、コンディションも考えてスタメンや交代カードを決断していかなければならない。それでもハリルホジッチ監督の勝負師としての手腕の見せどころであり、ここで失敗すれば起用した選手だけでなく指揮官の信頼も揺らぎかねない。優勝に向けた大事な試合であると同時に、ハリルホジッチ監督の試金石になる一戦だ。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸