ジャスティン・ビーバー、いじめに苦しむ少年にエール「僕は君の友達だ」

写真拡大

 米テネシー州ノックスビル在住の少年キートン・ジョーンズくんが、泣きながら「どうしていじめるのか」と母親に問いかけている動画がSNSで反響を呼び、クリス・エヴァンスやマーク・ハミルをはじめとする俳優や、スヌープ・ドッグやケイティ・ペリーなどのミュージシャン、そしてレブロン・ジェームズなどのスポーツ選手からも多数の応援メッセージが寄せられている。

ジャスティン・ビーバーによる投稿

 2017年12月10日にジャスティン・ビーバーも2本のインスタグラム・ストーリー動画を公開し、「キートン、君はめちゃくちゃイケてる。君はボスだ。君はレジェンドだ。そんな奴らなんてくたばればいい。そいつらはクソみたいなもんだ。まず第一に、キートン、君はレジェンドだ。めちゃイケてる。ボスだ。アイコンだ。君のメッセージ、誠実さ、君のリアルで多くの人を勇気づけてるよってことを僕は言いたい」とエールを送った。

 その後に通常の動画もインスタに投稿した彼は、「自分が辛い思いをしている時に他の人への思いやりや慈悲心を持ち続けていることが、彼の人柄の証だ。この子は最高だ。彼はレジェンドだ。彼のメッセージを聞いてあげて。彼の名前はキートンだ」と自分の9,460万人のフォロワーに呼びかけた。

 ジャスティンはキートンくんの動画を再投稿し、「僕は君の友達だ、小さなブラザー。DMをくれよ、話そうぜ!愛してるよ!」とキャプションに添えた。

 キートンくんは自身の動画で、「どうして彼らはいじめるの?何の意味があるの?罪のない人たちにいじわるする方法を見つけようとするのがどうして楽しいの?」と訴えている。


◎ジャスティン・ビーバーによる投稿
https://www.instagram.com/p/Bci-7lQDdN5/
https://www.instagram.com/p/BcjBwwGjU1-/