買わせる文章とは何か?

写真拡大

文章の極意とは何でしょうか。誠実さが伝わる文章でしょうか、あるいはきちっと内容が伝わる文章でしょうか。それぞれの求められる状況によって、求められる文章の内容が異なるのはよく知られているでしょう。そのなかで、ビジネスにおける文章で大切なもののひとつとして「買わせる」文章があります。ほとんどの仕事は商業的な営為と結びついていますから「買わせる」文章、注目を浴びる文章は必須といえます。そうした文章を専門に書くコピーライターという職業もあるほどです。

どうすれば「買わせる」文章が書ける?

しかしながら、どうすれば「買わせる」文章が書けるのかといったことは、意識したとしてもなかなかうまくいくものではありません。もともと文章をうまく書く能力もないのでどうしようもないと諦めてはいませんか。そんなことはありません。あるていどのセオリーさえマスターすれば「買わせる」文章は誰にでも書けるものなのです。山口拓朗の『買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)は、そんな「買わせる」文章に対する極意が記されています。

マーケティング視点から

本書で取り上げられているのはマーケティング視点からの文章の書き方です。多くの人が「これが欲しい」と思わせる文章の書き方が本書では記されています。それはお客さんを相手にしたビジネスはもとより、社内の会議や企画書、プレゼンテーション資料などもそこには該当するでしょう。究極的にいえばあらゆる文章はコミュニケーションの手段でもあります。当然、そこで伝わる、わかりやすいはもとより、魅力的な文章も必要とされるのです。さらに、私たちは日常生活のあらゆる場面で文章を書いています。メールやSNSへの投稿などもまさにそうでしょう。そうした場面において、文章を魅力的にするために「買わせる」文章術に学んでみてはいかがでしょうか。