状況を考えると、評価の難しい北朝鮮戦。組織が機能しなかった分、個の技量が見えた試合でもあった。 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 E-1選手権、開幕の北朝鮮戦。Jリーガーで構成された日本代表は、終了間際に井手口陽介のミドルシュートで1-0と勝利を収めたものの、苦戦を余儀なくされた。
 
 格下の北朝鮮は、日本との戦力差を的確に計算した上で、明確な戦略で挑んできた。
 
「できるだけロースコアで、時間を過ごす」と言わんばかりに、ゴールキックやスローインではやたらと時間をかけた。のらりくらりとプレーし、戦力差を埋める。そして、コンタクトプレーの激しさという局面に置ける勝利を、全体の優位へのテコにした。
 
「戦術的に、今日の出来には誇りを持っている。5、6回の決定的なチャンスがあった。日本には、1、2回しか与えていない」
 
 北朝鮮のヨルン・アンデルセン監督は、そう言って戦いを総括している。
 
「日本の戦い方を研究し、まずはスペースを与えない、ということを徹底した。前から、キツめのプレスをかける。そこでボールを奪ったら、コンビネーションでゴールに迫る。その繰り返しで、長いあいだ、ゲームをコントロールできていた」
 
 一方、日本はヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「背後にボールを」という指示を出していたのもあるのだろう。ビルドアップを断念し、無策にも長いボールを放り込む。しかし、単なる高さ勝負では、日本は分が悪い。蹴っては失う、という悪循環が止まらず、後半は完全に相手のペースになってしまった。
 
 結局のところ、日本は最後に、集団戦術よりも個の力量差のおかげで勝利を収めている。
 
 この日のベストプレーヤーと言えるGK中村航輔はセービングで非凡さを見せ、ハリルジャパンを救った。
 
 この試合、複数失点を喫してもおかしくないほど、日本はシュートを打たれた。そのなかで、ペナルティーエリア内で正面から打たれたシュートがクロスバーの上に外れていったシーンがあったが、それは中村が好セーブを連発していたことによって、シューターが緊張していたということもあっただろう。
 他にも、小林悠は動きの質や高さで健闘し、JリーグMVPの片鱗を見せた。途中出場の川又堅碁はダイナミズムをもたらし、際どいヘディングシュートを放って、決勝点も間接的にアシストしている。
 
 右サイドに入った伊東純也も圧倒的な走力で、疲労困憊の相手DFにダメージを与えた。そして井手口のミドルは、当て勘とキックの精度が良く出たものだった。
 
 Jリーグの長いシーズンを戦った直後で、本来の動きには及ばなかった選手も多いなか、勝ち切ったという点では、日本の健闘を称えるべきだろう。
 
 しかし同時に、戦術的には機能していない、という事実も重く受け止めるべきだ。
 
「JリーグのFWは、背後でボールを受けるのに慣れていない」
 
 ハリルホジッチ監督は、そう言って要求を続ける。
 
「もっと、プレースピードを上げる必要がある。選手は、クラブにいる時と同じようにプレーしている。例えば、金崎(夢生)はサイドに流れてしまったが、彼には中央での仕事があった。もちろん、一度話したからといって、選手のプレー全てが変わるわけではないが……」
 
 彼は、自らの戦術に選手をはめ込みたいのだろう。そのためのテストでもあった。ただ、日本人選手の特性に合わせた戦術を用いず、ワールドカップで戦術が機能しない、という事態になったら、これはもう悲劇以外の何物でもない。
 
 果たして来夏のロシアW杯に向けて、指揮官の「引き出し」は見せてもらえるのだろうか?
 
文:小宮 良之
 
【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『おれは最後に笑う』(東邦出版)など多数の書籍を出版しており、今年3月にはヘスス・スアレス氏との共著『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』(東邦出版)を上梓した。