日本代表のGK東口順昭。初招集から約7年となるが、国際Aマッチ出場は3試合にとどまる【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「選ばれてる数の割には試合に出てへんと思う」

 12日に行われるE-1選手権第2戦の中国戦を迎える日本代表。9日の北朝鮮戦では終了間際に井手口陽介が決めた決勝点で辛くも勝利したが、試合を通じて最も好パフォーマンスを見せていたのはGK中村航輔だった。中村の奮闘は、ベンチで試合を眺めていた東口順昭も大いに刺激となっている。日本代表に継続的に招集されながら出場機会に恵まれていなかった苦労人の守護神は、闘志を高めて出番を待つ。(取材・文:元川悦子)

----------

 シュート数7対12と劣勢を強いられながら、後半アディショナルタイムに井手口陽介(G大阪)の決勝弾が飛び出し、辛くも北朝鮮を1-0で振り切った9日のE-1選手権初戦。2大会ぶりのタイトルを取るために12日の第2戦・中国戦も負けられない。とはいえ、中2日のハードスケジュールということで、メンバー入れ替えは必至。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がどんな陣容で挑むのかは大いに気になるところだ。

 とりわけ、GKをどうするかは大きな注目点。今回は半年後に迫った2018年ロシアワールドカップ前最後の見極めの場ということで、指揮官の中では当初から東口順昭(G大阪)、権田修一(鳥栖)、中村航輔(柏)の3人を順番にテストしたいという思惑があったはず。しかしながら、北朝鮮戦で中村が好セーブを連発し、一気に存在感を高めたことで、彼をそのまま使い続けるべきか否かの判断が難しくなってきた。

 勝負にこだわるならGKは不変というのが短期決戦を戦い抜くセオリーだが、ロシアを考えると長い間チームに帯同させてきた東口もテストしておきたい。入れ替えるとしたら、次の中国戦がベストタイミングではないか。

 東口は、アルビレックス新潟に所属していた2011年3月の東日本大震災復興チャリティマッチでA代表に初招集され、6月のキリンカップ・ペルー&チェコ2連戦にも続けて呼ばれた。

 だが、アルベルト・ザッケローニ監督時代は相次ぐケガなどで出場機会がないまま終わり、国際Aマッチデビューはハリル体制発足直後の2015年8月の前回E-1選手権・中国戦(中国・武漢)まで大幅にズレ込んでしまった。

 本人も「選ばれてる数の割には試合に出てへんと思う。基本、遠回りするタイプ」と苦笑していたが、遠回りはその後も続いた。ロシアワールドカップアジア予選が始まってからも川島永嗣(メス)、西川周作(浦和)の後塵を拝し続け、チャンスが与えられたのは、2016年3月の2次予選・アフガニスタン戦(埼玉)と2017年10月のハイチ戦(横浜)のみ。出場3試合の戦績は1勝2分の総失点4と決して芳しいとは言えない状況だ。

中村航輔の好パフォーマンス。掻き立てられた闘志

 だからこそ、今回の中村の強烈アピールは脅威に他ならない。北朝鮮戦での22歳の若き守護神のパフォーマンスを目の当たりにし、東口は「素晴らしかったし、チームの勝利にもろに貢献できたんで、あれを僕も目指していきたい。あれができたらGKとして何よりの評価だと思う」とさらなる闘志を掻き立てられた様子だ。

 巻き返すためには、次なる中国戦の完封勝利が必要不可欠。「2年前の東アジアでの中国戦は失点しているし、望ましくない結果だったんで、リベンジということでやっていきたい」と本人も語気を強めた。

 最終ラインを統率するであろう昌子源(鹿島)らとともに守備全体を統率し、連動した守りを構築するのが、守護神に課せられた第一のテーマ。ハリルホジッチ監督も口を酸っぱくしてコミュニケーションの重要性を説いているが、東口自身もそのことはしっかりと頭に叩き込んでいる。

「GKとセンターバックが一番(戦況が)見えているわけで、僕らの声を信じて周りが動いてくれることが一番大事。(9日の開幕戦で)中国が韓国に点を決めた2点ともクロスからですし、マークをルーズにすると相手に強さが出ると思う。

 クロスを上げさせないこともすごく大事だけど、上げさせた時の対応をしっかりしたい」と昌子も最後尾に位置する人間の心構えを代弁していたが、東口も全く同じ意識を持っているはず。だからこそ、つねに声を出して、前の選手を的確に動かす仕事がより強く求められてくる。

 日本代表が首尾よく組織的守備を構築できたとしても、試合の中でミスが起きたり、ピンチに陥る場面は少なからず出てくる。そこで持ち前の鋭い反応とシュートストップを見せつけることも、東口に必要なポイント。中村はそれをやってのけたから、評価が急上昇したのだ。ロシアへ行こうと思うなら、今度は自分が安定感を見せることが必要だ。

遠回りしてきた分人一倍理解。限られたチャンスの重要性

 遠回りしてきた男には、限られたチャンスの重要性を人一倍理解しているはず。実際、31歳という年齢は決して若くない。「34歳の川島、同い年の西川と30代GKを3人ロシアに連れていくよりは、次世代を担う中村に1枠を与えた方がいい」という判断が下される可能性もゼロではない。

 ゆえに、東口は西川をも上回るインパクトを残さなければならない。「ここでやらなければ、ロシア行きはない」というくらいの覚悟を持って、E-1選手権のピッチに立つべきだ。

 守りの仕事を確実に遂行したうえで、武器であるロングキックの精度を生かして攻めの起点にもなれれば最高だ。ベタ引きだった北朝鮮とは違い、中国はやや高いラインを敷いて戦うチーム。その分、ハリルホジッチ監督が再三再四、強調する裏を狙うプレーが出しやすい。

「中国は決して引いてこないので、攻撃のクオリティはすごい出る。日本のよさが出せる試合になるんじゃないかと思います。そういう中で自分のキックから1本で展開するのが、一番簡単に取れる得点。スキがあればもちろんやっていきたいですね。仮に引かれることがあれば、1、2個クッションをおいて、相手の視界から飛び出す裏の取り方を工夫させたい」と東口は言う。

 先発が有力視される伊東純也(柏)や阿部浩之(川崎)はタテへの推進力に秀でたアタッカー。彼らの一挙手一投足をしっかり見ながら、GKからの鋭いタテのボールが配給されれば、中国守備陣も必ず脅威に感じるはず。

 そうやって相手を怖がらせることができれば、日本は勝利にまた一歩近づく。2連勝すれば早々と優勝が決まる可能性もあるだけに、足掛け7年間も黒子としてチームを支え続けてきた苦労人のGKには、その立役者になってほしいものだ。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子