新垣結衣×星野源共演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、年末年始に全話一挙放送決定

写真拡大

 新垣結衣が主演を務めるドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が、12月31日と2018年1月1日に全話一挙放送されることが決定した。

参考:『逃げ恥』ワールドを作り出した全ての方々に拍手! 幸せに生きるためのヒント詰まった最終話

 同ドラマは、2016年10月〜12月期にTBS火曜ドラマ枠にて放送され、最終回では平均視聴率20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、総合視聴率では33.1%を記録したラブコメディ。職ナシ・彼氏ナシ・居場所ナシの森山みくりと恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡が、雇用主と従業員という形で雇用契約結婚をするも、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出す模様を描く。

 放送されていた当時、公式ホームページの閲覧数は1日100万ページビュー超え。さらに、星野源が歌う同ドラマの主題歌「恋」に合わせて、新垣らキャストが踊る“恋ダンス”は、TBS公式YouTubeにて総再生回数9,000万回オーバーを記録している。

 TBS火曜ドラマ枠がスタートして以来の最高視聴率を獲得した同ドラマは、放送開始から一度も視聴率を下げずに右肩上がりをキープ。TBS FREE、TVerなどの本編見逃し配信のアクセス数も約2,000万回再生を記録している。さらに、Blu-ray Boxの売り上げも歴代ドラマ1位に。東京ドラマアウォードで5部門を制覇したほか、民放連最優秀賞など、計37冠を受賞している(※2017年12月12日現在)。

 このたび再放送を強く希望する声が数多く寄せられたことから、全話一挙放送が決定した。(リアルサウンド編集部)