GACKTが5年間口説き続けたというYOSHIKIが満を持して登場!/(C)ABC

写真拡大

2018年1月1日(月)夜6時放送の「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル」(テレビ朝日系)に、YOSHIKIが初参戦することが分かった。

【写真を見る】YOSHIKI&GACKTの最強チームには、特別ルールが!?

同番組は、一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感など6つの格付けチェックに挑戦。間違えるごとに、一流から普通、二流、三流、そっくりさん、そして最後には“映す価値なし”として実際に画面から消滅してしまうという元祖格付けバラエティー。浜田雅功、伊東四朗、ヒロド歩美アナがMCを務める。

個人記録としては51連勝中のGACKTが、「5年前からずっと一緒に出てくれとお願いしていたんですけど、断られ続けていて…。やっとですよ!」と悲願をかなえる形でYOSHIKIが登場。

格付けマスターの浜田から「あなたが落ちるとGACKTも一緒に落ちていくんですよ」とプレッシャーを掛けられるも、YOSHIKIは「それはそれでいいかもしれない(笑)」と余裕を見せる。

そんなGACKTとYOSHIKIには、今回特別ルールを導入。回答者が正解を待つ“AB部屋”にGACKTチームが入った瞬間、他のチームが正解したかのような気になってしまうことから、各チェックの最後まで2人がどちらを選んだか分からないように専用の部屋が用意された。

さらに、「私も満を持してやって参りました! 落ちるなんてありえません」と意気込む浅野ゆう子は、高島礼子とタッグを組み、“チーム仲良し”として参戦。

高島も「これまでおいしいものをごちそうになってきたりしたので、ここで自分の新たな才能に巡りあえるのでは」とアピールした。

このほか、「この番組は好きでずっと見てました」と語る藤原紀香、「ようやく呼んでくださった。落ちるという考えはありません」と自信のほどをのぞかせる藤あや子の“チーム花盛り四人姉妹”に加え、「自信はありますよ! 芸能生活54年、全問正解で実力をお見せします」という平泉成や、中尾彬、池波志乃夫妻、中山美穂とタッグを組み、9年ぶりの出場となるDAIGOらがリベンジに挑む。

なお、同日昼4時から放送される予選大会には、総勢24人の芸人たちが参戦。命がけの罰ゲームをくぐり抜け、見事勝ち上がるのは誰なのか、こちらも見逃せない。(ザテレビジョン)