みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)の恋模様にムズキュンとした人が多数/(C)TBS

写真拡大

2016年10月から12月にかけてオンエアされた火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の全11話が、12月31日(日)と2018年1月1日(月)に一挙放送されることが決定した。

【写真を見る】新垣結衣、石田ゆり子らがエンディングで「恋ダンス」を披露/(C)TBS

“ムズキュン”“恋ダンス”などのブームを起こした本作は、海野つなみの同名漫画を原作に、「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と「仕事」として契約結婚し、「夫=雇用主」「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、妄想女子とウブ男は徐々にお互いを意識し出すというラブコメディー。

ドラマのエンディングで主題歌「恋」に合わせて新垣らキャストが踊る“恋ダンス”が話題となり、視聴者や芸能人が踊る“恋ダンス”がYouTubeにアップされ、それがネットニュースになるなど各方面で社会現象ともいえる“恋ダンス”ブームが発生。

TBS公式YouTubeでの“恋ダンス”総再生回数は9000万回オーバーという驚異的な数字を記録した。

また、TBS FREE、TVerなどの本編見逃し配信のアクセス数も約2000万回再生を記録。さらに、Blu-ray Boxの売り上げも歴代ドラマ1位となっている。

視聴率に関してもその推移は顕著で、初回10.2%からスタートし、最終回の平均視聴率では20.8%を獲得。さらに総合視聴率も33.1%を記録し(いずれもビデオリサーチ調べ・関東地区)、TBS火曜ドラマ枠がスタートして以来の最高視聴率となり、放送開始から一度も視聴率を下げずに右肩上がりをキープするなど驚くべき記録も残した。

第91回ドラマアカデミー賞で「最優秀作品賞」「主演女優賞」「助演男優賞」など7冠に輝いた他、東京ドラマアウォードで5部門制覇の快挙、さらに民放連最優秀賞などさまざまな賞を受賞し、計37冠を獲得している(2017年12月12日現在)。

放送から1年を過ぎてもブームが収まることがなく、再放送を強く希望する声が数多く寄せられていたことから、12月31日(日)と1月1日(月)に全話を一挙放送することが決定した。(ザテレビジョン)