11日、中国外交部の陸慷報道官は、「台湾武力統一は中国政府の立場か」という記者からの質問に「中国の立場は明確」と答えた。

写真拡大

2017年12月11日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は同日の定例記者会見で、「台湾武力統一は中国政府の立場か」という記者からの質問に、「中国の立場は明確」と答えた。

8日、米国に駐在する中国の外交官が「米軍が2018年度国防授権法に基づき軍艦を台湾に派遣するのであれば、中国は台湾を武力統一する」と発言したと報じられた。

記者から「この発言は中国政府の立場を代表するものなのか」と問われた陸報道官は、「中国政府の台湾問題における立場は一貫しており、かつ明確だ。われわれは引き続き『平和的統一、一国二制度』の方針を堅持する」とし、「いかなる形式であれ、米台の官レベルの往来、軍事交流に中国は断固反対することを強調する」などと述べた。(翻訳・編集/野谷)