11日、新浪財経に、8日に海南島で行われた「2017年中国経済トレンド人物選考会」の表彰式後に行われたフォーラムについて伝える記事が掲載された。

写真拡大

2017年12月11日、新浪財経に、8日に海南島で行われた「2017年中国経済トレンド人物選考会」の表彰式後に行われたフォーラムについて伝える記事が掲載された。

記事によると、「創業投資新経済―次の流れを見出す」と題した経済フォーラムの席上で、司会者は「現在でもすでに多くの作業がロボットにとって代わられているが、人類は永遠なのかそれとも滅びるのか」との質問を投げ掛けた。

これに対し、フォーラム参加者で火山石資本の章蘇陽(ジャン・スーヤン)共同創始者は、「多くの作業をロボットが行えば、人はより時間が増える。これのどこが悪いことなのか。道理からすれば何も悪いことはなく、欧州ではロボットに対して税金をかける法律が成立している」と述べた。

一方、創業黒馬の牛文文(ニウ・ウェンウェン)董事長は、「人間は世界で最も重要な要素であり、人類社会は人間のニーズによって発展が進むものだ」と指摘。「人工知能は人のような形のロボットである必要はなく、人間のような知力と体力があっても、人間のようなニーズは生まれない」と論じた。

そのうえで「ニーズの乏しい国の方がよっぽど恐ろしい」と主張。その例として、日本を挙げ「結婚もせず、子どもも産まず、恋愛もしない。ひどい場合には、外出すらしない。これは非常に恐ろしいことだ」と述べた。(翻訳・編集/山中)