『天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』(著・加藤一二三/日本実業出版社)

写真拡大

藤井聡太四段の快進撃から、いま将棋が再び注目を集めています。バラエティでもおなじみになった「ひふみん」こと加藤一二三さんは、「子どものうちから将棋を始めると、たくさんのメリットがある」と説きます。「ひふみん」が考える、将棋の有効性とは――?

■子どもに将棋を習わせたい親たちが急増中

こんにちは、「ひふみん」こと、加藤一二三です。

最近はおかげさまで、さまざまなテレビ番組に出演させていただく機会も増え、またCDデビューや、書籍の執筆(近著『天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』日本実業出版社)など、たくさんのことに日々取り組んでいます。

もちろん、私の今までの将棋人生から得たことを新しい世代に何かしらの形で伝えることも、忘れてはいません。うれしいことに、藤井聡太四段の大活躍をはじめとした将棋ブームによって、最近は「子どもに将棋を習わせたいのですが、どうしたらいいでしょうか?」というご質問をくださる親御さんが増えてきました。街の将棋教室も大変な賑わいのようで、「場所が足りない!」「先生が足りない!」といううれしい悲鳴を上げていると聞いています。

テレビ番組の中でもお話させていただいていますが、将棋は素晴らしい芸能文化です。子どものうちから将棋を始めることで、筋道を立てて考えられたり、集中力を楽しく身に付けられたり……など、たくさんのメリットがあります。今回、この場をお借りしてそのお話をさせていただければと思います。

▼メリット1 集中力が身に付く

だまって集中し、次の一手を考える。相手が思った通りの手を指してくれば、「よし! 読み通り! 油断せずにやろう!」。思ってもみなかった手を指してくるなら「あっ! そんな手があったのか!? 次の手をどうしよう……?」。そんなふうに一手一手を真剣に指すことで、目の前のことに深く取り組む集中力を養うことができます。

▼メリット2 しっかりした挨拶や礼儀が身に付く

対局を始めるときにはしっかりと姿勢を正して、相手の顔を見て「お願いします!」と頭を下げる。対局中は盤の前でちゃんと正座をする(もちろんつらい場合は崩しても大丈夫です)。負けてしまった時は、やはり背筋を伸ばし相手の顔を見て「負けました」と頭を下げる。このように将棋には守るべき礼儀や挨拶が、たくさんあります。

相手への敬意を持って対局を重ねていけば、そうしたものが自然に身に付いていきます。

▼メリット3 勝ち負けがあり、年齢差のある大人とでも対等に戦える

将棋は勝敗をはっきりさせるゲームです。一方が勝てば、一方は必ず自分の口で「負けました」と相手に伝えなくてはなりません。さらに、私と藤井四段が62歳と6カ月差の対局となり、大きな話題になったように、相手と何歳の差があっても真剣に競い合える素晴らしいゲームです。

大人とも真剣に将棋を指して、勝てば大きな自信になりますし、真剣勝負で負けて悔しい思いを経験することも、子どもにとって「次こそは!」の成長へとつながるでしょう。

▼メリット4 筋道を立てて考える、論理的な思考力が身に付く

将棋は理詰めの世界。相手の次の手を予想しながらも、「次はこうして、こう来れば、こう指す」と筋道を立てて考えるトレーニングをすることで、論理的な思考力を身に付けることができます。特に対局の後に、相手と一緒に終わったばかりの対局の内容を振り返る「感想戦」で、いろいろな手の可能性を検討することで、どんどん先の局面を読む力が身に付いていきます。

▼メリット5 整理整頓、道具を大切にするようになる

将棋の駒は全部で40枚あり、将棋が終わった後に雑に駒袋に入れると、しまい忘れでよく駒を失くしてしまいます(特に、全部で18枚ある「歩」という駒を失くしやすいものです)。だから必ず駒の枚数を数えてから、駒袋にしまう習慣を身に付ける必要があります。

このように、きちんと道具を大切に扱う習慣から、整理整頓して片付ける習慣が自然と身につくようになるはずです。

▼メリット6 将棋のイベントや道場に参加することで、仲間ができ世界が広がる

最近は、プロ棋士同士の対局を観戦したり、棋士と交流会をしたりといった、将棋関連のイベントも増えてきました。また街の将棋道場に行けば、「手合いをつける」といって、同じような棋力の対戦相手と将棋を楽しむことができます。

こうしたイベントや道場に参加することで、学校以外にさまざまな年代の将棋仲間ができたり、世界が広がったりしていくでしょう。

▼メリット7 才能が開花するかもしれない

14歳でプロ棋士になった、藤井四段のように、あなたのお子さんの中にも将棋の才能が眠っているかもしれません。またたとえプロにならなくても、子ども時代に将棋に打ち込んだ経験は、それ以降の人生にも役立つものになるでしょう。

このように、私が思いつくだけでも、将棋から得られるメリットは7つあります。きっとほかにも、お子さんごとに将棋から学んでくれるものがたくさんあるはずです。

スマホやパソコン、テレビゲームでも将棋を楽しむことはできます。しかし、私はやはり駒と盤を使って、実際に駒を動かしながら将棋を指すことをお勧めします。ゲームの世界だと画面だけに没頭してしまいますが、駒と盤があれば子どもと一緒に考えてあげることもできますし、盤の前にしっかりと座ることで集中力も養われるでしょう。それほど高価なものでなくても構いませんので、ぜひお子さんに駒と盤を買ってあげてください。

また、お子さんが将棋を始めたら、「こんな手を思いついてすごいね」「あ! この手は気づかなかった!」などと、子どもと一緒に将棋を指すことを楽しむようにしてほしいですね。今はスマホやゲームなど、一人でできる遊びに没頭できる子どもが増えていますので、親子で一緒に楽しめる将棋を指すことは、お子さんにとっても新鮮なことではないでしょうか?

■「将棋は楽しい」と態度で示そう

お子さんが少し慣れてきたら、お父さんやおじいちゃんから「将棋を一緒に指してみない?」と声をかけてみましょう。昔将棋をしたことがある人も多いと思います。また兄弟や友達同士で指してみるのもとても楽しいものです。将棋をきっかけにたくさんの人と交流できるようになるといいですね。きっとますますやる気を出すと思います。

もちろん、お子さんに負けてしまった時は、親御さんも姿勢を正して「負けました」とちゃんと宣言してください。親が負けて、不満そうな顔をしていたり、怒り出したりするとお子さんが委縮してしまいます。また、駒の動かし方を間違えたとしても、いちいち目くじらを立てずに、おおらかに接してあげてください。将棋は楽しいものだということを、親御さんが態度で示していただきたいですね。

これが一番大切なのですが、お子さんと将棋を一緒にする時には、ぜひたくさん褒めてあげてください。「最後はあなたの王様も危なかったけど、うまく指したね、すごいよ!」「ここに歩を打ったのは良かったね」と具体的に良かったと思ったところを挙げてあげるとさらに良いと思います。

こうしたことに気を付ければ、将棋を通じてお子さんの能力がぐんぐん伸びていくと思います。ぜひ楽しく、気軽に将棋に取り組むお子さんがたくさん増えてくれると私もうれしいです。

----------

加藤一二三(かとう・ひふみ)
将棋棋士/九段/第40期名人
1940年1月1日福岡県嘉麻市生まれ。仙台白百合女子大学客員教授。1954年、14歳で当時史上最年少の中学生プロ棋士となり、2017年6月20日に77歳で引退した現役最年長棋士(当時)。2000年、紫綬褒章を受章。バラエティ番組にも出演し、「ひふみん」の愛称でお茶の間の人気者になっている。

----------

(将棋棋士/九段/第40期名人 加藤 一二三 構成=吉川正弘)