©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

3人の男が有罪率99.9%の壁に挑む異色の警察小説を完全ドラマ化した『白日の鴉』が、1月11日(木)に放送される。

©テレビ朝日

『白日の鴉』は、2015年に発表された異色の警察小説。作者の福澤徹三は、2008年に『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞、2014年には『東京難民』が映画化、2016年には連続ドラマとして『任侠飯』が映像化された気鋭の作家で、本作が彼にとって初のスペシャルドラマ化となる。

物語は、起訴されれば99.9%有罪となるこの国で、痴漢の罪を着せられたサラリーマンと、そんなサラリーマンを0.1%の可能性にかけ、救おうとする新米の警察官と年老いた弁護士の格闘を描く。

仕組まれた冤罪、水面下での極秘捜査、そして法廷闘争を徹底したリアリティーと緊迫感で紡ぐ福澤徹三の筆力は圧巻の一言。一介のサラリーマンはなぜ、冤罪の罠に陥れられたのか? 謎の解明と黒幕を暴く三人の闘いはやがて、虚飾で彩られた悪の存在を白日のもとに晒していく…。

本作では、この圧倒的なストーリーの醍醐味を1本のスペシャルドラマにぎゅっと凝縮。ミステリーの要素もはらんだスリリングな原作の魅力を余すところなく放送する。

◆伊藤淳史、遠藤憲一、寺尾聰がリアリティーたっぷりに熱演!

そんな本作の魅力は、ストーリーのダイナミズムに加え、主人公たちの人物造詣の深さにある。

世のなかの役に立つことを夢見て警察官となった新人交番巡査・新田真人や、妻子を地方に残し、東京で単身勤務する製薬会社の平凡なMR・友永孝、かつては腕利きと評判を得たものの今や年金と国選弁護で糊口をしのぐ老弁護士・五味陣介。年代も立場も違う、もともと接点のない三人が、仕組まれた痴漢事件という奇妙な縁で出会い、その罠の裏に隠された深い闇に闘いを挑んでいく。

友永は留置場、拘置所で無罪を訴え続け、新田は警察組織の軋轢や圧力に抗い、また五味は荒んだ生活による病気を抱えながら法廷で闘争。組織や社会からどこかはみ出しながらも、人としての矜持を持った熱い三人が織りなす人間模様は、見る者に「自分だったらどうする?」という思いを抱かせ、物語の世界へぐんぐんと引き込む。

本ドラマでは、新人巡査に伊藤淳史、冤罪被害者に遠藤憲一、そして老獪な弁護士に寺尾聰をキャスティング。いずれも、演技派としてその実力が高く認められている三人が、それぞれの個性をぶつけ合い、キャラクターたちを息づかせていく。力のある役者同士だからこそ生まれる迫真の演技は、まさに必見! 三人の役者魂が光るドラマ作品から目が離せない。

◆伊藤淳史「ぜひやらせてもらいたい!という気持ちになった作品」

そして、本ドラマについて伊藤淳史、遠藤憲一、寺尾聰の3名は、それぞれ以下のコメントを寄せている。

※伊藤淳史 コメント
現場の雰囲気はすごくいいです。寺尾さんとは今回が初めてで最初はちょっと緊張していたんですが、役作りから共通の趣味のゴルフの話までいろいろお話ししてくださって、勉強になることが多く毎日充実しています。

遠藤さんとはそんなに絡みがないんですが、数日でも濃密な時間を過ごせてます(笑)。

作品は台本で初めて読ませていただきました。面白いのは当然として、本当に深いし、僕たち三人のどの目線から作ってもドラマが出来上がる点が、本当に素晴らしいと思いました。こんなに奥行きが広く、いろいろな目線でドラマが楽しめる台本はなかなかないんじゃないでしょうか。ぜひやらせてもらいたい!という気持ちになった作品です。

真人はかなりの正義感を持った人物です。そこには警察官としての正義と、一人の男としての正義の二つが存在しています。その二つの複雑な絡み合いと葛藤があった上で、五味さんを頼り、友永さんを勝たせようという強い行動が出てくるので、演じる上でこの二つの正義の間にある微妙なズレを大切に表現したいと思いました。

みどころは全て。本当にどこも見逃して欲しくないです。僕も最後まで気を抜かずに演じますし、いろいろな視点から違う楽しみ方ができるドラマです。皆さんの心の中にある大切なものを感じながら見ていただけたらと思います。

※遠藤憲一 コメント
撮影の初日に寺尾さんとの結構重い場面を撮ったのですが、僕が自由に演じたことを全て温かい空気で受け止めてくださいました。寺尾さんとの共演は10年ぶりくらい。その時に、「頑張ってきたな。これからも頑張るんだぞ」と励まされたのをすごく覚えています。今回は、会った途端にその話をしてくれて、覚えていてくださったんだとうれしかったですね。

伊藤君とは絡むと必ず吹いちゃう(笑)。お互いがね。

冤罪に巻き込まれる役は今回が初めて。やるからにはとことん入り込んで演じたいと思っていたところ、お相手がこのお二人だと聞いて、これは結構やるとこまでやっても大丈夫だぞと。伊藤君のユニークな温かさと、寺尾さんの硬質なやさしさがあれば、ただストーリーを追うだけじゃない奥深い空気が出るんじゃないかと思って、頑張ろうと思いました。

役作りは、台本を読んで事前に準備していたことと違って、寺尾さんと面と向かって会話していくうちに見つかっていった部分が多かったですね。監督からも、今回はキャラクターにこだわらず、一人間としての感情を全部出してくださいと言われたので、事件に巻き込まれた時に自分の中で発想できる気持ちだったり、セリフだったりをぶつけてみるという方法で思い切り演じました。

※寺尾聰 コメント
僕にとってテレビドラマは主役の存在が大きい。誰が主役?あ、だったら出てもいいとか、出たくないとか(笑)。伊藤君とは今回初めて一緒になったけど、面白そうだなというのがあった。三人の男の関係もとても良く書けているし、いいドラマになるという予感があって参加しました。ただ、伊藤君とはお芝居の話よりもっぱらゴルフの話をしてる(笑)。遠藤君じゃないけど、僕も吹いちゃうから演技は極力絡みたくないな(笑)。

遠藤君とは昔ご一緒しているんだけど、ちょうど彼がグッと世の中に出てくる頃だったのかな。「お前がんばれよ」と言ったのを覚えている。今、テレビの主役は若い人が多いでしょ。僕も50代ぐらいから映画で主役をやらせてもらうようになっていたから、その後、テレビなどで彼を見て「やってる、やってる」と思っていた。こうやって久しぶりに再会して、一緒に芝居ができるのはすごくうれしい。シーンのほとんどは接見室で、ガラスを1枚はさんで向こうとこっち側にいるという非常に限定されたシチュエーションなんだけど、それをどう工夫して撮るのか、監督の要求になんとか応えたいと二人でやっています。

僕が演じる五味は、一見、変わった弁護士と思われるかもしれないが、それは大きな間違い。金がなく身なりも悪いが、困っている人に手を差し伸べたいと思っているまともな弁護士だ。ただし、人間的には100%完璧じゃないから、いいかげんなところもいっぱい持っている。そこを、見る人がそれをどう感じてくれるか。伊藤君演じる真人と遠藤君の友永とは、ちょっと面白そうだと思える関係を築けているので、楽しんでもらえればと思います。