横浜流星らがカルテット主演する映画「虹色デイズ」の制服姿場面ショットが初公開!/(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

写真拡大

俳優の横浜流星が中川大志、高杉真宙、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)とともに主演する映画「虹色デイズ」(2018年7月公開)で、青春感満載!な4人の制服姿ショット&特報映像が初めて公開された。

【写真を見る】人気急上昇中の4人がわちゃわちゃ!/(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社 (C)水野美波/集英社マーガレットコミックス

「虹色デイズ」の原作は、水野美波氏による累計300万部の超人気少女コミック。性格も趣味もバラバラだがいつもつるんでいる、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちの友情と恋を描いた甘酸っぱい青春ストーリー。“男子高校生4人組を主人公にした少女コミック”という異色作で、世の男子からは共感を、女子からはあこがれを呼び大ヒット。主演男子キャスト発表時にはYahoo!の話題のツイートとリアルタイム検索でともにランキング1位を獲得するなど、映画化にも大きな期待が寄せられている。

横浜が演じる「恵ちゃん」は“いつもニコニコ、でも実はドS”という、横浜にとってはこれまでにないキャラクター。“秀才で超マイペース”な「つよぽん」(高杉)、“チャラくて女好き”な「まっつん」(中川)、“ピュアで元気”な「なっちゃん」(佐野)と4人で笑って泣いて、ケンカして…毎日がいろんな色で輝く“虹色の日々”を瑞々しく映し出す。

そんな横浜にとって、2017年は大躍進の年だった。大ヒット映画「キセキ -あの日のソビト-」で好スタートを切り、菅田将暉、成田凌、杉野遥亮とともに「グリーンボーイズ」としてCDデビュー。アーティストとして「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)にも出演した。その後も舞台やドラマのほか朗読劇、さらには内村光良率いるコント番組「LIFE〜人生に捧げるコント」(NHK総合)でムロツヨシらとコントに挑戦するなど、活躍の場を広げた1年だった。2018年は本作「虹色デイズ」のほか、Amazonオリジナルドラマ「しろときいろ ハワイと私のパンケーキ物語」(Amazonプライムビデオで2018年早春配信スタート)、同い年のMr.KING・平野紫耀との初共演でも注目の映画「honey」(3月31日公開)、さらに主演映画「兄友」(春公開)も待機する。

今回解禁となった「虹色デイズ」の場面写真では、紺のブレザーにえんじ色のネクタイ、水色のパーカーを羽織り、“恵ちゃん”らしくちょっぴりやんちゃな表情をのぞかせる。共演の3人ともすっかり仲良しで、この4ショット撮影時にはお互い積極的に顔を近づけ密着度を高め合ったほど。また、今回同時公開された特報映像では、4人でプールに飛び込むシーンなど少年のように日々を楽しむ男子たちのバカバカしくもキラキラした日常が映し出されている。かけがえのない青春の一瞬一瞬を刻んだ「虹色デイズ」で、横浜はどんな表情を見せてくれるのだろうか。(ザテレビジョン)