©テレビ朝日

写真拡大 (全6枚)

日曜日の朝に上質なミステリー作品を毎週放送しているテレビ朝日のドラマ枠『日曜ワイド』。

12月17日(日)の日曜ワイドでは、高島礼子主演の新作『電卓刑事』が放送されることが発表された。

©テレビ朝日

この『電卓刑事』は、その名の通り、元会計課の女性刑事・土家千佳(つちや・ちか)が電卓を片手に事件を捜査するという全く新しいミステリー! 千佳とコンビを組むのは、宅間孝行演じる浪費家刑事・甲斐杉也(かい・すぎや)だ。

 

◆高島礼子、スマホ電卓アプリに苦戦!

©テレビ朝日

土家千佳(高島礼子)は、会計課から異動してきた京都府警捜査一課のメンバー。経理畑が長かったことと過去の境遇から、何でも“お金”に換算して考えるのがクセで、常に電卓を手放さない異色の女性刑事だ。

事あるごとにスマホの電卓アプリを起動して計算をはじめる千佳を演じた高島は、「電卓を叩きながら犯人を説得していくシーンは大変でした。私は会社勤務の経験があるのですが、その時代はそろばんだったので、スマホの電卓アプリを素早く操作するのはけっこう難しくて…(笑)」と、思わぬ苦労を告白。

©テレビ朝日

また、東映京都撮影所で行われた今回の撮影の中で高島が最も思い出深いエピソードにあげたのは、キャストが大集合した食事会。

単発ドラマでは通常、撮影期間が短いため、俳優陣が集まって食事をする機会も少ないのだが、「宅間さんが声をかけてくださって、役者だけで食事会を開いたんです。“よくぞこんなに会話が弾むな!”と思うくらい盛り上がって、皆さんの性格もわかり、次の撮影からすごく楽しくなりました」と撮影ウラ話を打ち明けた。

 

◆2枚目なのに2枚目半!? 宅間孝行の巧みな演技を高島礼子も大絶賛

©テレビ朝日

そんな食事会の効果もあって現場のチームワークも出来上がったなか、とくにコンビを組む高島と宅間の丁々発止のやりとりは爆笑必至! 高島は、「宅間さんは2枚目なのに、見た目に合わない“2枚目半”のいい芝居をする役者さんだと改めて感じました」と絶賛。

一方の宅間も、「セリフにないこともけっこうしゃべったので高島さんにはご迷惑をおかけしたと思うのですが、懐の深い方で、何でも受け入れてくださいました」と高島との共演を楽しんでいた様子だった。

 

◆高島礼子・宅間孝行からコメント<全文>

なお、今回の『電卓刑事』放送にあたって、高島と宅間それぞれから以下のコメントが届いた。

※高島礼子コメント

――最初に脚本を読んだときの感想は?
「面白くて衝撃的な脚本だと思いましたね、電卓が事件解決につながるなんて…! でも、電卓を叩きながら犯人を説得していくシーンは大変でした。私は会社勤務の経験があるのですが、その時代はそろばんだったので、スマホの電卓アプリを素早く操作するのがけっこう難しくて…(笑) もしパート2があったら、それまでに電卓を猛練習しておきたいと思います(笑)」

――宅間孝行さんとコンビ役を演じた感想は?
「宅間さんは2枚目なのに、見た目に合わない“2枚目半”のいい芝居をする役者さんだなと改めて感じました。宅間さんは最初からいろいろ考えてこられて、上司役の螢(雪次朗)さんと競争し合っているかのようにお芝居を楽しんでいましたね。だからこそ、私はひたすらマジメに演じ、そこから“おかしみ”が出せればいいなと考えました」

――撮影中のエピソードを教えてください!
「今回、宅間さんが声をかけてくださって、役者だけで食事会を開いたのですが、それが思い出深いですね。単発ドラマは撮影期間も短く、役者同士で集まることはあまりないんですよ。でも当日は、“よくぞこんなに会話が弾むな!”と思うくらい盛り上がりました。

現場ではどうしてもセリフに追われてしまい、込み入った話ができないのですが、ゆっくり食事をすると皆さんの性格や考えがわかって、次の撮影からすごく楽しくなるんです。また、京都にはデビュー当時の25歳から私を知っているスタッフさんがいるので気が楽なところもありますが、初心を思い出して緊張もします。京都での撮影は、私にとって貴重な時間ですね」

――視聴者にメッセージを!
「演じている私たちでさえ、“そこか!”とツッコミたくなるほど、誰が犯人かなかなかわからない面白いストーリーです。殺人事件も起きますが、ホロッとするところもあるし、決して小難しくない、楽しいミステリーです。お金の大切さもお伝えできたらうれしいですね」

©テレビ朝日

※宅間孝行コメント

――最初に脚本を読んだときの感想は?
「お金の流れから事件を解決していくのは、面白い着眼点だなと思いました。よくこんなことを思いつくなと感心しましたね!」

――高島礼子さんと共演した感想は?
「僕が演じる甲斐のキャラクターがとても面白く、なかなか出会えない役柄だったので、“試してみよう”と思うことを考えて現場に行きました。監督にも最初に“いろいろやるので、余計だったら言ってください”とお願いしました。セリフにないこともけっこうしゃべったので、高島さんにはご迷惑をおかけしたと思うのですが、懐の深い方で何でも受け入れてくださいましたね。

高島さんとの共演はとても楽しかったですし、同じキャラクターを続けて演じられる企画はありそうでなかなかないので、もしもこのコンビでパート2ができたらうれしいですね」

――撮影中、キャストの皆さんで食事会を開催したそうですが…?
「こういう単発ドラマは撮影期間が長くないため、皆で食事に行くことはあまりないと思うのですが、“初めまして”みたいな状態が続くのも…と思って、今回、皆さんを誘って行ったんですよ!

食事会では普通に払うつもりだったのですが、高島さんがぜんぶ支払ってくださって…。高島さんは毎日のように差し入れもしてくださったので、現場での僕と高島さんは、役柄と逆でしたね(笑)」

――視聴者にメッセージを!
「最後の最後まで犯人がわからないと思うのですが、それは僕たち2人が刑事として“へっぽこ”だからかも(笑) ミステリーではありますが、すごく楽しいドラマです!」

高島礼子と宅間孝行が凸凹コンビを熱演する『電卓刑事』。12月17日(日)の放送が待ち遠しい!