果敢な仕掛けで攻撃を活性化した伊東は、アピールに成功した数少ないひとりだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 先日の北朝鮮戦でアピールに成功した選手は、ほんの数人だったよね。今回のE-1選手権は欧州組が不在のうえに、ACLに出場する浦和の選手も呼べなかった。つまり、日本代表のセカンドオプションの発掘がメインテーマなんだけど、選手はどこか積極性を欠いていて、このチームで生き残るための何かを提示できたとは思えない。目立ったのは、GKの中村航輔と右ウイングの伊東純也くらい。ハリルホジッチ監督も期待外れだったんじゃないかな。
 
 もちろん、日本は初選出の選手が多く、即席チームだったというエクスキューズはある。完成度で言えば、「毎日2回練習している」という北朝鮮との差は明らかだったからね。北朝鮮は戦術がきっちり整理されていて、最終ラインの4枚と中盤の5枚で徹底的にスペースを消してきた。こうした相手の守備を崩すのは簡単ではない。ただ、それにしても日本は崩しのアイデアが少なすぎたよ。
 
 見ていた印象だと、監督の指示を気にし過ぎなんじゃないかな。ハリルホジッチ監督はアグレッシブな守備から縦への速い攻撃をチームコンセプトにしている。だからと言って、闇雲に縦パスを入れたって相手を崩せるわけじゃない。あれだけスペースを消されたなかで単純に裏を狙ったって、簡単にはじき返されるだけだ。
 
 横パスをつないでいる間に相手の隙を見つけて縦パスを入れるなり、素早いサイドチェンジで揺さぶってから攻撃のスピードを上げるなり、工夫が必要なんだ。そういう変化を付けようとしている選手は、残念ながらいなかった。
 
 ハリルホジッチ監督はE-1選手権の3試合で、試合の流れを変える選手を探しているはずだ。監督の指示通りに動かないと最終メンバーに残れないという不安感はあるかもしれないけど、ピッチで起きている現象を把握して変えていくのがサッカー。極論すれば、指示を無視したとしても、そのプレーが効果的ならば監督の目に留まるんだ。
 
 準備期間が短くビルドアップのコンビネーションを作る時間がないのは大前提。そのなかで、ピッチ上の誰が攻撃のスイッチを誰が入れるのかを監督は見ているはずだよ。だったら、気づいた選手がやればいいよね。そこで変化を付けられれば、それこそアピールになる。言われたことだけをやっていてはダメなんだ。
 
 そういう意味で言えば、清武弘嗣の離脱が痛かったのかもしれない。彼が持つ20〜30メートルの視野の広さやパスの精度、キックの種類は、流れを変える武器になり得る。今大会は脳震盪の影響でプレーできないが、最終候補者の中には入ってくるんじゃないかな。
 また、個人的な意見を言わせてもらえば、小林悠も可能性はあると見ている。本来はストライカーの選手だけど、トップ下で面白い動きをしていたからね。
 
 小林は中央にいてもサイドにいても、同じように相手の背後を突く動きができるし、ボールの収まりが非常に良い。相手にマークされていても、強いパスを入れてあげれば、相手から遠い方の足下できっちり収めることができる。これは川崎で身に付けた彼の武器だ。
 
 点を取りたい時間帯に縦の関係でトップ下に小林を入れたら、サイドに流れることもできるし、CFを斜めに追い越していく動きも出てくる。変化を付けるという意味では、面白い存在だよ。
 
 実際に川崎では、そういう動きをしてチャンスにつなげるシーンが何度もあるよね。ただ、北朝鮮戦では小林の動きを感じてパスを出せる選手がいなかった。川崎だったらパスが出てくるのにというシーンは、少なからずあったからね。そこが代表チームの難しさ。コンビネーションがあってくれば、もっと彼の良さが生きるはずだ。
 
 ハリルジャパンのベースは堅守速攻。ワールドカップの本大会ではどことやっても相手にポゼッションは取られるから、そのコンセプトは間違っていない。ただ、点を取りにいかなければならないシチュエーションは、どうしたって出てくる。その時に何ができるのか。誰が変化を付けるのか。そういう視点で言えば、伊東と小林に可能性を感じたね。
 
 次の中国戦で、北朝鮮戦でアピールした選手を先発で使うかどうかは注目だ。4年前のザッケローニ体制の時は、このE-1選手権で柿谷曜一朗が3点を取ってアピールし、シンデレラボーイ的にワールドカップのメンバーに残った。そういう選手が2、3人でも出てきてほしいね。