自慢の快足を生かした仕掛けで中国を相手に躍動できるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 代表定着の分水嶺となるか。9日の北朝鮮戦で一気に評価を高めた伊東純也にとって、中国戦は重要な一戦だ。
 
 初戦は途中出場ながら、勇猛果敢な仕掛けで日本の攻撃に変化をもたらした。試合後の会見ではヴァイッド・ハリルホジッチ監督が個人名を出すほどで、日本代表に大きな可能性をもたらしたのは記憶に新しい。

 しかし、当の本人は違った。浮かれるどころか謙虚な姿勢を崩していないのだ。「試合後に監督から何か言われたわけではないし、褒められるプレーをしたわけではない」と言う伊東、まだまだやるべきことがあると話した。
 
 とりわけ、伊東が満足していない理由として挙げたのが、ゴールやアシストの部分だ。「直接点に絡むプレーが出来れば評価が出来る」という言葉の通り、目に見える答を出せなかったことに歯がゆさを覚えているという。
 
 だからこそ、中国戦で欲しいのは明確な結果だ。「前への意識を増やして、裏への抜け出しを出していきたい」と具体的な言葉でプレー面に言及しつつ、「シュートが0本だったので、打てればいい」とゴールへの意欲を語ったことからもそれが伺える。

 得意のドリブルやスピードが代表で通用することを証明しただけに、あとは自身のプレーから得点を生み出せるか。「頭からでも途中からでも自分のやることは変わらない。仕掛けていければいいなと思う」とは伊東の言葉。Jリーグ随一のスピードスターは中国戦でさらなる活躍を見せ、代表定着を自らの足でつかみ取る。

【日本代表PHOTO】E-1選手権初戦に挑んだ日本代表。最終盤に井手口がネットを揺らし、難敵・北朝鮮を撃破!