堤真一「日常的に自信がない」コンプレックスだらけの自分を告白

写真拡大

俳優の堤真一が、12月12日(火)24時55分より放送される『トーキングフルーツ』(フジテレビ系)に出演する。

同番組は、古舘伊知郎が事前にゲストについて調べ尽くし、古舘だからこそ聞ける話を引き出す大人のトーク番組。

今回のゲストは、古舘とは初対面だという堤。テレビ、映画、舞台と活躍の場を広げ続け、誰もが認める実力派俳優だが、古舘とのトークでは意外な本音を連発、「実は、今の今まで自信が持てない」と明かす。

もともと俳優志望ではなく、裏方からスタートした堤は、演じることに魅力を感じ役者としてキャリアを積んでいった。しかし、どれだけ作品がヒットしても、自分の演技が認められても、本人の気持ちは満足とはほど遠いところにあったという。古館に対し、「未だに人前に出るのが嫌なんです。演技を褒めていただきますが、本当に下手っぴですからね。カーテンコールなんてめちゃくちゃ恥ずかしいですよ。しゃしゃっと引っ込みたいくらいです」「もっと堂々とやっていきたいけど、日常的に自信がないんです。丹波哲郎さんみたいに遅刻しても“俺が来たから大丈夫”って言ってみたい」などと語る堤。そんなにコンプレックスがありながら、なぜここまで活躍できたのか。

さらに、寡黙すぎた亡父との関係が、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の役作りに大きな影響を与えたこと、料理に対するこだわりなども明かされ、今まで見たことのない、リアルな堤の姿が浮き彫りになる。