日本の有休消化、30カ国中最下位の50%

写真拡大

 総合旅行サイトのエクスペディア・ジャパンが11日発表した有給休暇の国際比較調査によると、日本の有休消化率は前年と同じ50%と、世界30カ国・地域中、2年連続で最下位だった。有休取得に対し「罪悪感がある」と答えた日本人の割合が63%と最多だったことが有休消化率の低さにつながった。

 ブラジル、フランス、スペイン、オーストリア、香港が有休消化率100%だった。日本の次に有休消化率が低い韓国は前年比14ポイント高い67%となり、日本との差が開いた。

 有休取得に罪悪感を感じる人の割合は韓国が61%と、ほぼ日本並みだったがスペインが18%、メキシコとイタリアが19%、オーストリアが20%と、日本の3分の1以下だった。

 日本人が休みを取らない理由の1位は「緊急時のためにとっておく」。以下、「人手不足」、「職場の同僚が休んでいない」が続いた。

 自身の上司が有休を取ることに協力的かとの問いでは、「分からない」との答えが3割以上と30カ国中で最多だった。