大会初勝利を上げた森保ジャパン。9日のA代表に続く、北朝鮮からの勝利となった。(C)Getty Images

写真拡大

[M-150CUP]U-20日本代表 4-0 U-23北朝鮮代表/12月11日/ブリーラム(タイ)

 森保ジャパンが初勝利を飾った。

 タイのブリーラムで行なわれているM-150CUPに参戦中のU-20日本代表(東京五輪世代)が、12日にU-23北朝鮮代表と第2戦を戦い、4-0で勝利を収めた。

 初戦はU-23タイ代表に1-2の敗戦を喫した日本は、引き続き3-4-2-1のシステムを採用。ただ、先発メンバーは前の試合から麻田将吾(京都)以外の10名を入れ替えてキックオフを迎えた。

 試合は開始早々に動く。5分にカウンターから長沼洋一(山形)がネットを揺らして幸先よく先制すると、15分には浦田樹(北九州)の左クロスから上田綺世(法政大)がヘディング弾。これで一気に流れを引き寄せ、さらに37分には井上潮音(東京V)がゴールを奪って前半だけで3点のリードを奪った。

 後半に入り、北朝鮮が攻勢を仕掛けてきたが冷静に対処。すると、56分に上田がこの2点目となる得点を奪ってさらにリードを広げた。その後は北朝鮮がふたりの退場者を出したこともあり、試合を優勢に進め、4-0の快勝で大会初勝利を挙げた。

 これで日本はグループリーグの全日程が終了。1勝1敗となり、13日に行なわれるタイと北朝鮮の試合を待って順位が決定する。1位なら15日の決勝、2位の場合は同日の3位決定戦に挑む予定だ。

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定〜高校・ユース編