満島ひかり&広末涼子、名バイプレイヤーとしての活躍 今期ドラマでの演技と共通点を読む

写真拡大

 今シーズンのドラマは、悪い男を懲らしめる女性視点の作品が目立つ中、終盤に進むにつれて徐々に謎が明かされていった『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)と『監獄のお姫さま』(TBS系)。回を重ねるごとに注目を浴びていった同ドラマ2作品において、特に人気を支える名バイプレイヤーぶりを見せているのが、『奥様は〜』の広末涼子と『監獄の〜』の満島ひかりだ。実は歌手としてのデビュー年が同じである2人は、世代は違えど芸能界のキャリアとしては同世代。今では実力派女優として活躍している彼女たちが重宝される理由について考察してみたい。

参考:綾瀬はるかvs西島秀俊、死闘の末に選んだ未来 『奥様は、取り扱い注意』最終話で明かされた本音

 広末は30代後半となり、可愛らしさを兼ね備えながらも、大人の魅力が溢れる女優である。そんな彼女だが、90年代はまさにキラキラと輝くトップアイドル。アムラーやコギャルが流行する中、そのボーイッシュで透明感のある美少女の登場に、世間がざわついたことは記憶に新しい。10代、20代の男子を中心に絶大なる支持を得て、雑誌やCM、ドラマで引っ張りだこに。1997年に「MajiでKoiする5秒前」で歌手デビューし、約60万枚のヒットを記録。セカンドシングル「大スキ!」ではオリコン1位を獲得し、『第48回NHK紅白歌合戦』に出場するなど、マルチな活躍ぶりを見せた。

 広末自身も「初めてどっぷり浸かったドラマでした。お芝居ってお芝居じゃないんだと気づいたのもこの時です」(Numero TOKYO 2016年3月号より)と語っている、女優としてのターニングポイントは、1997年の『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)。反町隆史と竹野内豊という、当時人気絶頂の2人を相手に、彼らが流れ着いた民宿の娘役としてヒロインを熱演している。

 そこから着々と女優としてのキャリアを積んでいくが、少女から大人へ成長する役者としての難しさ、女性たちから敬遠される歯痒さが正直あった。とは言え、映画『おくりびと』や『ゼロの焦点』で女優賞を獲得するなど、大人の女優としての評価は徐々に上がり、ドラマをよく見る30代以上の女性視聴者層と広末の等身大の演技がリンク。いつしか母親役など、女性の代弁者とも言える役を演じるようになったことが、今の人気につながった一つの要因だと言える。

 『奥様は〜』では、育児も家事も協力しない歳上の夫に、「働きたいなどと言わずに、家事に専念しろ」と締め付けられる主婦役を演じた。物語の終盤では、これまで抑えていた感情がついに爆発し、若い男と不倫してしまう。そして大きな事件に巻き込まれていくのだった。一生懸命尽くすも、夫から理解されない辛さに必死に耐え、友達の前では明るくふるまう健気な妻。艶っぽい美しさを兼ね備えつつも、アイドル時代の可愛らしい面影も残っており、視聴者の心をガッチリと掴む。「一度きりの人生、本当にこのままでいいの?」と、視聴者に投げかけるかのような演技が共感を呼び、このドラマの人気を支えていた。

 一方の満島は、1997年、小中学生7名で構成されるFolderに「HIKARI」の名前で参加し、「パラシューター」で華々しくデビュー。ただ満島はバックコラース的なポジションで、それほど目立つ存在ではなかった。2000年に5人組ユニットFolder5へ改組し、2002年に活動休止後ソロへ転向するがなかなか芽が出ず。

 そんな満島を女優として開花させたのが、2009年の園子温監督作品『愛のむきだし』だ。監督は毎回、満島に怒鳴っていたと言うほど苛烈を極め、それに耐えたことにより、彼女は過激な内容をも遥かに越える体当たりの演技を見せた。まさに怒りと魂の演技だったと言える。これを機に、常に真剣な芝居が見る者の心を揺さぶり、若手女優の中でも一目置かれる存在になった。

 そんな満島が『監獄の〜』では、元女囚たちの仲間であり、誘拐犯の一人であるドSの元刑務官役を演じている。犯罪者を憎んでいる彼女は、受刑者を「雑魚」と呼び罵倒するも、再犯した受刑者に対して「ここは帰って来る場所じゃないの! 出て行く場所! ただいまも聞きたくないし、お帰りも言いたくないの! わかる?!」と涙ながらに叱咤する姿を見せ、優しさゆえに厳しい態度をとっていることが判明した。

 熱血漢のある満島の演技と、クドカンの描くコメディが上手くマッチした同ドラマ。小泉今日子をはじめ女囚たちが、緩くつかみ所のないベテラン演技を見せる中で、彼女たちを厳しく指導する満島のドSな演技が、見事に場を引き締める。その絶妙なコントラストと構図が、実に面白い。

 輝かしいデビューから紆余曲折して再び這い上がってきた広末と、潜伏期間が長くジワジワと成り上がってきた満島。アイドルを経験し、お互い違うところでの挫折と苦悩があって、いま女優として成功している。そんな人生経験が演技に生きている彼女たちは、結果それぞれが個性的な女優として成長を成し遂げた。いいバイプレイヤーがいる作品は名作が生まれる。彼女たちが出演している作品には今後も注目だ。(文=本 手)