なんと3輪なのに4人乗り!! 光岡が新型EVの「Like-P3」を発表!!
光岡自動車は、2017年12月8〜11日にインテックス大阪で開催された第10回大阪モーターショーの会場で、新型の3輪電気自動車「Like-P3(ライク-P3)」を初公開した。

Like-P3は、2011年に誕生した「Like-T3」の派生モデルだ。2人乗り+荷台(最大積載量100kg)の荷物運搬用途目的に開発したLike-T3に対して、Like-P3は「人の移動」を主体に開発した4人乗りモデルとなっている。



なお、今回出展されたLike-P3は、観光地の周遊用途や大型施設でのサポートカーとして、また、高齢化・過疎化地域における移動の手段として、老若男女問わず簡便な乗り物として需要を模索中とのこと。

ちなみに、種別は250cc以下の側車付軽2輪車として扱われ、軽自動車と原付四輪車の中間的な位置づけとなる。

気になる安全性は、車輌重心をリアオーバーハングに電池を搭載するなどにより、限りなく後輪軸への荷重配分を考慮した設計となっており、最大安定傾斜角については42度を実現している。そのため、3輪とは思えぬ程の安定性を可能にしているとのことだ。また、3輪にすることで最小回転半径2.3mとなり、狭いところでの取り回しは非常に優れている点も特長だ。

ボディサイズは、 全長2,485mm × 全幅1,170mm × 全高1,075mm、航続距離は約60km(40km/h 定地走行時)、リチウムイオンバッテリーを搭載し、充電時間はAC100Vっで最大約6時間となっている。

発売時期、価格は未定とのことだが、このようなモビリティは東京オリンピックを見据えて観光ニーズにフィットするに違いない。

光岡自動車 公式サイト
http://www.mitsuoka-motor.com/