鹿賀丈史、吹越満ら傷心の幸子を見守るキャスト陣/(C)阿部 潤・小学館/「ドラマスペシャル 忘却のサチコ」製作委員会

写真拡大

2018年1月2日(火)夜11時15分から放送される高畑充希主演「ドラマスペシャル 忘却のサチコ」(テレビ東京系)に、鹿賀丈史や吹越満、ふせえり、大方斐紗子、逢沢りな、重岡漠の出演が決定した。

【写真を見る】紫綬褒章受章作家を演じる鹿賀丈史は貫禄十分/(C)阿部 潤・小学館/「ドラマスペシャル 忘却のサチコ」製作委員会

阿部潤の同名漫画を原作にした同ドラマは、結婚式当日に新郎に逃げられた編集者・佐々木幸子(高畑)が、新郎のことを忘れるため美食を追うグルメコメディー。

鹿賀は、サチコが担当する紫綬褒章受章作家・松岡淳二を演じる他、傷ついたサチコを見守る文芸誌の編集長・白井智昭を吹越、サチコを心配する母・和代をふせがそれぞれ演じる。さらに、偶然、傷心のサチコと出会うおばあちゃん役に大方、逢沢と重岡はサチコの同僚として登場する。

原作ファンの高畑は「大御所作家・松岡役を鹿賀さんがやってくださるなんて、本当に、大感激です! 原作ファンの方はきっと想像ついているかなと。一緒にニヤニヤしましょう(笑)。

クランクインで鹿賀さんとご一緒したあるシーンが、私史上一番インパクトのあるクランクインでした(笑)。サチコさんは、いわば全編ボケっぱなしという感じで編集長役の吹越さんがツッコんでくださって、サチコさんを転がして遊んでいただけたので、撮影中は、神様に見えました。大好きな先輩です!」と喜びをあらわにした。

■ 鹿賀丈史コメント

若くて優秀なサチコという編集者に対して、ある事柄を通じて、人間は単純で一元的なものではなく、いろいろな側面があるということ、無駄や心の遊びが必要ということを身をもって見せるという役柄を楽しく演じさせてもらいました。

人にものを教えたり伝えたりする時に言葉でなく、自分の存在を見せるということで、初日からなかなか(インパクトの強いシーンの撮影で)面白かった(笑)。

■ 吹越満コメント

仕事と恋愛とご飯の話。ある程度の社会経験のある方々にはこの三つがとても重要なものであることはお分かりいただけるんじゃないのではないのだろうか。サチコを通して、仕事と恋愛とご飯の重要性を共に感じましょう。連ドラになればいいのに! 職種と恋愛の形とご飯のメニューは無数にあるんだから。サチコのことが大好きな編集長より。

■ ふせえりコメント

主人公のサチコが、かなり飛ばしているので、母である私は、もっと飛ばすのか? つき離すのか? 悩ましいところではありました。でも、母としては、サチコには、宇宙イチ幸せになってもらいたい。そんな気持ちでドラマに参加しました。

■ 大方斐紗子コメント

主演の高畑さんは大変実力のある役者さんで、頼もしく思いました。アイデアも豊富、そしてその時その時のみずみずしい演技にほれぼれしました。ですから、せりふや動きのキャッチボールが気持ちよく、最後には何でこんなに盛り上がるの〜!?というくらい、演技を忘れてしまいましたよ。

■ 逢沢りなコメント

高畑さんと現場でお会いした時、原作で見たサチコさんがそのまま飛び出してきたような感じがしてうれしかったのを覚えています。共感できるようなストーリーになっていると思いますので、視聴者の皆さんにも楽しんで見ていただけると思います!

■ 重岡漠コメント

何事にも猪突猛進なサチコさんをとにかく応援したくなるドラマです。僕が演じた大野は、サチコさんを遠くから見守ることしかできずにいたので、歯がゆかったです。かわいいかわいい高畑さんが演じるサチコさんを応援したい方々、必見でございます!(ザテレビジョン)