@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

アルファ・ロメオ4C 来年MCへ

アルファ・ロメオ4Cが、近い将来、改良を受けることが分かった。しかし、今後もMTモデルは設定しないという(内容とタイトルを一部修正いたしました)。

この情報を語ってくれたのは、アルファ・ロメオ/マセラティのエンジニアリング部門を率いるロベルト・フェデリだ。


4Cの変更点として、

・サスペンションの改良
・ステアリングのセッティング変更
・(もしかすると)新エンジン搭載

という3点をフェデリは挙げてくれた。

新型の発表時期は2018年の秋となる見込みで、発売は2019年1月と考えられる。
 

4Cだけじゃない マセラティ/フェラーリのMTも

現行型4Cについて、ハンドリングや走りに首をかしげる自動車メディアは少なくない。フェラーリでチーフエンジニアを務めてきたフェデリは、その4Cを本来の姿にしたいのだという。

「アルファ・ロメオはフォーミュラ1にカムバックします。つまり、わたくし達は4Cをその象徴にしたいのです」


またフェデリは、アルファの高性能モデル、マセラティ、フェラーリには、今後MTモデルが登場しないだろうと話した。その理由は、需要の少なさだ。

彼は、フェラーリ時代の経験からMTの需要は終焉したと確信しているのだ。数年前、カリフォルニアのMTギアボックスのオプション化にあたったフェラーリは、10万ユーロの開発費を投資。しかし、顧客からのオーダーはたった2件だったという。