変身シーンやアクションシーンも “ワカンダ”の秘密が明かされる『ブラックパンサー』日本版本予告

写真拡大

 2018年3月1日に公開される『ブラックパンサー』の日本版本予告編が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、2016年に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に初登場したブラックパンサー初の単独作品。キャプテン・アメリカの持つシールドと同じ材質からなる漆黒のスーツと優れた戦闘能力を持つブラックパンサーが、超文明国ワカンダの新しい国王として、そしてヒーローとして活躍する姿を描く。ワカンダの秘密を守るためブラックパンサーが世界中にスパイを送り込み、世界中の敵と戦うという、これまでのマーベル映画にはなかったスパイ映画のテイストが盛り込まれるほか、2018年4月27日公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へ繋がる重要な物語となる。

 今回公開された予告編では、走りながら漆黒のスーツに身を包むブラックパンサーの”変身シーン”が見られるほか、ビルの壁を駆け抜け、車の上に跳び乗るアクションシーンも初公開。敵からの攻撃を全て吸収し、攻撃に転換できるというスーツの特徴も描かれ、ミステリアスなヒーローの一面が明かされている。また、物語のカギを握る“ヴィブラニウム”を狙う敵の姿もついに登場。映像が公開される毎に、人気ヒップホップアーティストによる楽曲が採用され、マーベル・スタジオ作品としては異例の音楽に注力した作品としても注目されている本作。これまでのマーベル・スタジオ作品のバトルシーンとは一線を画した、クールなヒップホップ音楽に乗せたスタイリッシュなアクションシーン、日本が誇るスポーツカー レクサスが登場するカーアクションシーンも収録されている。

(リアルサウンド編集部)